(旧 「防水屋台村」建設中)
Y261 平成26年度防水許可業者
26年度末の 防水許可業者は2万7千。



平成27年3月末現在で「防水工事」の許可を得た建設業者の数は、大臣許可、知事許可合わせて2万7、592(前年比1,052業者増)となった。

国土交通省 土地・建設産業局 建設業課 が発表した平成26年度の「建設許可業者の現状」は次のサイトで詳細を見ることができる。
http://www.mlit.go.jp/common/001090055.pdf


hannbunn 25zenntai グラフ


hannbunn 25表EPSON020


web大EPSON019


(一社)全国防水工事業協会がその内の防水許可業者に関して次のように分析している。
=============
例年高い増加率を示していた防水許可業者の増加率は、ここ2年連続で3%を下回っており、昨年度は5位。しかし今年は増加率4.0%と昨年を上回ったが、増加率の順位としては許可業種の中では昨年と同じ第5番目である。
1位は熱絶縁5.7%  、2位はガラス 4.9% 、3位は鉄筋4.4%、4位が板金4.1% 、となっている。
昭和62年以来、26年間増加率では上位3位以内で推移していた。今回4%という比較的高い増加率であったにも関わらず5位となった要因は、2万7千社という、分母の大きさにあると考えられる。
例えば上位4位以内の業種で、1年間で最大の818業者増となった板金は、防水の1,052業者よりも234少ないことからも明らかである。
============
許可業者数


建設業許可業者数:
建設業法(昭和24年法律第100号)第3条第1項の規定による建設業の許可を受けて建設業を営む者の数。二以上の都道府県の区域内に営業所を設けて建設業の営業を行う場合は国土交通大臣の許可を、一の都道府県の区域内にのみ営業所を設けて建設業の営業を行う場合は当該都道府県知事の許可を取得する。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

今日は旧暦7月16日 盆の送り火
送り火せんべい

送り火せんべい 
8月29日の「送り火せんべい」。1000円。

盆の最終日。祖先の精霊を送る火を焚き、祭壇に供えたものは精霊船に乗せて川や海に流す。
月遅れの8月16日や旧暦7月16日に行う地方もある。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

絵日記 キジバトに 棹竹とられて ランドリー
壁面緑化の想わぬ効用

kijibato.jpg
集合住宅の1階と2階の間。鬱蒼と茂った琉球アサガオのツルの裏側にキジバトが営巣産卵。
アサガオにつるべは取られませんでしたが物干し棹をとられてしまった。産卵から10日で孵化。産卵からほぼ一月で巣立ったようです。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会




防水関連の学術講演
日本建築学会2015年度大会学術講演
材料施工のうち防水は9月4日、シーリングは9月5日

P8150024_20150819214610068.jpg

材料施工部門 学術講演650題
http://www.gakkai-web.net/gakkai/aij/session15/pdf/1000.pdf

うち防水は44題。
シーリングは21題 


P8150016.jpg
 2015年度日本建築学会大会(関東))9.4(金)~6(日)
「いま、地域と生きる建築」をテーマに東海大学湘南キャンパスで


小振りのズッキーニP2130820




会場 :東海大学湘南キャンパス(神奈川県平塚市北金目4-1-1)
総合受付 8:30〜
資料頒布所 9:00〜
開会式日時 9月4日(金)9:30 ~ 9:45


14時から、記念シンポ、
「まち・ひと・けんちく」 -地方創生とまちづくり-
定員350名(事前申込先着順・入場無料)
申込み https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=1142

基調講演者・関 幸子(せき さちこ):株式会社ローカルファースト研究所代表取締役

パネリスト
川向 正人(かわむかい まさと):東京理科大学理工学部建築学科教授、工学博士、建築史家
竹内 昌義(たけうち まさよし)東北芸術工科大学教授、みかんぐみ、建築家
藤村 龍至(ふじむら りゅうじ)東洋大学建築学科専任講師、藤村龍至建築設計事務所代表、建築家
島村 菜津(しまむら なつ)ノンフィクション作家
の各氏。

ズッキーニのつぼみP2130822
異人井戸の茅葺き屋根
明治6年の国内油田
手掘り井戸の屋根


井戸の屋根



石油手掘り風景P7010055 (2)

異人井戸の茅葺屋根

668年の出来事として、日本書紀に書かれた「燃える水」 その後の話です。
越の国・黒川、現在の新潟県胎内市のシンクルトン記念館には、石油、アスファルト利用の歴史を現わす、発掘品や、道具、資料が展示されています。
其の一つに石油の手掘りの様子を描いた絵や模型が有ります。

明治6年(1873)廻船問屋平野安之丞の紹介で、長崎から英国人医師シンクルトンが招かれ、塩谷山を訪れました。従来の石油井戸は水兵堀りでしたが、シンクルトンの指導で、坑壁に井桁の枠が組み込まれました。このおかげで、安全性も生産性も飛躍的に高まりました。
これらの井戸は異人井戸とよばれ、現在でも見ることができます。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

RNY クラウドファンディングによる中銀カプセルタワービルの保存・再生運動
黒川紀章の代表「メタボ建築」保存活動
出版プロジェクトのクラウドファンディングが目標の150万円軽くクリアー

恐らくかなりの漏水なのであろう P2110783


前田達之氏らカプセルのオーナー・住人が昨年、「 中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」を立ち上げた。「カプセルを今後も使い続け、また世界に誇れる建築遺産として保全していくために、他のオーナーはじめ、管理組合と管理会社へ働きかけを行っていく」というものだ。 URL: http://www.nakagincapsuletower.com/

そして保存に向けた運動の一環として、 カプセルのすぐれたデザインや、カプセルの住人たちの生活ぶりを紹介する書籍の出版を企画した。出版にあたっての制作費を調達することはもちろん、中銀カプセルタワービルという建物をより広くPRし、保存に対する関心を喚起していくために、目標150万円、期限8月15日とするクラウドファウンディングを立ち上げ、目標額を大きく上回る形で、締切を迎えた。 コレクター数323人。 集まった金額2,036,000円。となった。

全体にネット P2110776

ファンドの用途は、中銀カプセルタワービル、本邦初の書籍化である。1972年の竣工当時から、雑誌・テレビなど多くのメディアに取り上げられてきた「中銀カプセルタワービル」。設計者である故・黒川紀章氏が東京都知事選に出馬した際にも話題を呼んだが、この建築だけを紹介した書籍は、なかったという。

窓変更 P2110820

プロジェクトによれば
=========
今回の書籍化では、①図面や施工写真から見えてこない、住人目線の “生きたカプセルの記録” を形にして残すこと ②カプセルの十人十色の活用法を見せ、狭小空間で暮らす現代人へのライフスタイル事例を提案すること の2点を目指し、豊富な写真と取材記事で「カプセルの今」を紹介する。

書 名:『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』(仮)
編 著:中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
内 容:カプセル住人の行住坐臥/カプセル住人坐談会/リノベーション事例集/カプセルのこれから/カプセルに入居するには……等

判 型:A4変形判(天地/210×204mm)
装 丁:並製128ページ、カラー/モノクロ
予 価:2000円(全国書店にて流通)
編集・発行:株式会社青月社(東京都千代田区)
刊行予定:2015年10月末

著作権使用料(印税)の100%、全額が、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトの活動資金に充てられ、永続的な活動支援に繋げる。
======
という計画。

計画の協力者は、専用サイトから「コレクター」として支援する金額を1000円から20000円までの6つのコースから選んで参加するという方法だった。支援金額によって特製の缶バッジ、ポストカード、書籍『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟(仮)』、同書籍巻末に名前のクレジット、カプセル内部の見学などの特典が付く。「見学」ができる2万円コースは募集開始早々に完売した。

 各ユニットの劣化は激しそうだP2110802

  ・・・   ・・・   ・・・

「中銀カプセルタワービル」

戦後復興から高度経済成長期へ移行した1960年代、日本で発祥した建築運動「メタボリズム」が世界へと広まった。 運 動の発端は、1960年の<世界デザイン会議>で丹下健三が提唱したメタボリズム思想。「メタボリズム」という言葉は生物学用語で 「新陳代謝」を意味している。“生き物が環境にすばやく適応しながら次々と姿を変え増殖していくのと同様に、建築や都市も有機的にデザインされるべきである”というものだった。

中銀カプセルマンションこと「中銀カプセルタワービル」。昭和47年(1972年)竣工。黒川紀章の初期の代表作で、当時世界的に話題になった「メタボリズム建築運動」の世界初の実用建築なのだそうだ。
=============
建物名:中銀カプセルタワービル
設計:黒川紀章/黒川紀章都市計画事務所
所在地:東京都中央区銀座8-16-10
用途:集合住宅
規模・構造:SRC造、一部S造、地上11階~13階地下1階
建築面積:429.51㎡  延床面積:3091.23㎡
竣工:1972年(昭和47年)
==========

1の目サイコロがたくさん積み重なっている。西洋人にはドラム式の洗濯機に見えるそうだ。「幹」に取り付けられた床面積10平方メートルの立方体ユニットを交換することで、建物としては新陳代謝を繰り返すことができる。残念ながら、2007年に管理組合の議決で解体が決定したのだが、実行されないまま時効になり、「保存か建て替えか」振り出しに戻った格好だった。しかし今回の保存・再生プロジェクトの成功により、世界初の実用メタボリズム建築が、メタボであることを実証できる可能性が出てきた。

涙ぐましい補修あとP2110730

この建物は、ユニット間の隙間が狭く、作業スペースが取れない、ユニット貫通部の複雑配管などにより、防水的にはアンタッチャブルな建物として有名だった。営業的には誰も手を出したがらない物件ではあるが、今回の保存運動に刺激を受けて、「世界初の試みに手を貸してやろう」と、防水アンタッチャブルに挑戦する猛者の出現に期待する。

コーナー補修 P2110816
見せ場満載だ。

見せる配管改修で、これはチャームポイントになる可能性ありP2110744
見せる配管改修で、これはチャームポイントになる可能性あり


ROOF-NET ON LINE MAGAZINE
↑↑Roof-Net ルーフネットホームページはこちらから ↑↑

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会



絵日記 国宝唐門の雨
醍醐寺 国宝唐門の雨

2015081921440572a_2015081922324740c.jpg
京都・伏見の醍醐寺は平成6年12月に世界文化遺産に登録された。その塔頭のひとつである三宝院は寺の中心的な役割を担う本坊で、多くの建物は国宝や重文に指定されている。

檜皮P8170053
檜皮葺瓦の棟つつみの唐門(国宝)は、朝廷からの使者を迎える時だけに扉を開いたとされる門、勅使門である。

雨上がり P8170088
雨上がりの唐門。 創建時は、門全体が黒の漆塗で菊と桐の四つの大きな紋には金箔が施されていたという。
平成22年7月、約1年半をかけ、桃山時代の気風を伝える往時の姿に修復された。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会




2015年前半 ウレタン防水材 出荷量
2015年1~6は24万5千トン。 前年比97.3%

nekojyarashi.jpg

レモングラスのネコじゃらし。


日本ウレタン建材工業会は2015年前半(1月~6月)の出荷量を発表した。防水材は26,466トンで前年比97.3%と、なった。


NUKdai EPSON009



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

絵日記 恒例 A Midsummer Night's Dream 2015
旧暦 7月1日 
karasuP8130086 (2)
カラスウリ
karasu_20150815005205838.jpg
やはり10分は持たない
kyou ,kinou P2130832
今晩咲きます   
今日、昨日、先週P2130829
今晩頑張ります  右:先週頑張りました
もちろん今晩 P2130835
もちろん今晩に備えています。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会



RNY 建築ストック統計 平成27年1月1日現在の暫定値を公表
建築物ストック統計(平成27年1月1日現在)
国交省 7月30日 発表


ファイブスター
真夜中のファイブスター。(写真は記事とは関係がありません)

 国土交通省は、我が国の建築物を対象とし、住宅・土地統計調査、法人建物調査及び建築着工統計調査を基に、住宅、非住宅の別に用途別、構造別、竣工年代別等に床面積の総量を推計した建築物ストック統計を作成しており、7月30日、建築物ストック統計(平成27年1月1日現在)(暫定値※)をとりまとめ、公表した。
建築物ストック統計(平成27年1月1日現在). 
http://www.mlit.go.jp/report/press/joho04_hh_000545.html


平成27年1月1日現在の我が国の
建築ストック総面積は、73億6,567万㎡。 
このうち
住宅は 55億 2,973万㎡(対前年比 0.6%増)、
非住宅は 18億 3,594万㎡(対前年比 0.3% 増)
となった。

ただし平成23年3月11日に発生した東日本大震災で被害の有った建物は含まれていない。
なお、津波により全壊、大規模半壊の被害があった建物は2,976万㎡と推計している。このうち住宅は2,167万㎡(住宅ストックの0.40%)、非住宅は810万㎡(非住宅ストックの0.45%)となる。


住宅


非住宅



建築物ストック統計 法人等の非住宅延べ床面積(竣工年代・構造・用途別)  単位:万㎡

35トリミングのみ


我が国の建築物ストックの特徴として、以下の点を挙げている。
○新耐震基準が定められた1981年以降に建てられた建築物の延べ床面積の割合は、69.3%。
○全建築物ストックの延べ床面積における住宅の割合は、75.1%。
○住宅の延べ床面積における木造建築物の割合は、67.5%。
○非住宅の延べ床面積における非木造建築物の割合は93.1%。
○非住宅の延べ床面積における割合で大きなものは、事務所・店舗(32.8%)、工場・倉庫(42.9%)。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

絵日記  真夏の屋上庭園
隠れる蟷螂
L10C0007 (2)
2015.8.12 ケータイ撮影。


逃げる蟷螂
L10C0004 (2)


連続猛暑記録更新中。土厚30センチ。遮るものなし。 カンカン照りの屋上緑化は、植物にとっては過酷だが、屋根スラブにしてみれば随分楽なはずだ。 ただし防水さえキチンとしていればの話だが。

屋上庭園に植える植物の選択は難しい。条件差が多く、あまり定石に囚われないほうがよい。いろいろ試して、当たればもうけけもの、といったいい加減さも大事だ。

この現場での実績。適応度ランクで言えば
憎らしいほどの萩、雪柳、レモングラス。  驚きのシュウメイギク、スパニッシュひまわり。 定番のローズマリー、ラベンダー、オレガノ。案外いけるバラ、桔梗。 料理に欠かせない山椒やハランはお手上げ・・・。
お試し下さい。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

関東の公共工事設計防水工事労務単価
平成27年度労務単価


上空P2160017

平成27年2月から適用の公共工事設計労務単価が、1月30日に決定されたが、年度内に新たな見直しがなかったため、4月1日以降もこの単価が適用されている。詳細はこちら → http://www.mlit.go.jp/common/001067649.pdf

防水工事では関東・甲信地区の平均が3.6%上昇しており、(一社)全国防水工事業協会が関東甲信地区の状況を次のように、発表している。


関東労務単価 EPSON015 (3)


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

刺々しい屋根
刺々しい銅板葺き屋根の先端は
刺々しい屋根 P6300026 (3)

やはり針だ
先端も針だ P6300024 (3)
新潟県政記念館(新潟県議会旧議事堂)、
竣工:明治16年3月 国重要文化財
設計:星野総四郎
アクセス:JR新潟駅よりバス「白山公園前」下車1分


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


訃報 8月10日 : 北川泰信氏 84歳
訃報 8月10日
北川泰信(きたがわやすのぶ)氏。北川瀝青工業㈱ 前 代表取締役会長
 84歳。

kitagawa fuhou P8110072

通夜 :平成27年8月13日(木) 午後7時より
告別式:平成27年8月14日(金) 午前11時より
場所 :金沢市西念4-26-15 セレモニー会館 兼六 駅西
    ☎:076-234-7744
喪主は長男で、北川瀝青工業代表取締役社長の北川栄一氏。(一社)全国防水工事業協会副会長。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

平成26年度までの防水技能検定合格者数
26年度技能検定合格者は1581名
累計で ウレタン1、5 万人 、シーリング 2 万人。

技能検定合格者数 kenntei

(一社)全国防水工事業協会の集計によると、平成26年度の前後期防水工事技能検定合格者数は、1級1581人、(前年比190人減)、2級210人(前年比4人減)となり、合計1791人(前年比194人減)となった。
1800人を割り込んだ要因として、全防協では、「今年度よりセメント防水の技能検定の実施が、毎年から隔年になったことに加え、一部の作業で、架台の変更があったことが影響したかもしれない」と見ている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会



「杮葺き(こけらぶき)」は「柿(かき)の木葺き」ではありません
柿(かき・左) と 杮(こけら・右)

kokeratokaki.jpg
杮葺(こけらぶき)とは、日本古来の伝統的手法で屋根葺き手法の一つで、木材の薄板を用いて施工する板葺(いたぶき)。
板の厚さにより以下の種類がある。

杮葺(こけらぶき):板厚2~3ミリ、最も薄い板(杮板)を用いる。
木賊葺(とくさぶき):板厚4~7ミリ、杮板よりも厚い板(木賊板)を用いる。。
栩葺(とちぶき):板厚10~30ミリ、最も厚い板(栩板)を用いる。

大崎八幡神社社殿杮葺き模型正面」
仙台・大崎八幡神社社殿の杮葺き模型。 その右隣に、さらに親切な解説がある。

杮の字の書き方 PA220174 (3)
「杮(こけら)」の字と「柿(かき)」の字は非常に似ているが別字である。 「杮(こけら)」は「こけらおとし」の「こけら」同様、木片・木屑の意味。 演劇施設の建設工事の最後に屋根などに残った木屑を払い落すことが語源。


大崎八幡本殿PA220184 (2)
大崎八幡本殿の見事な杮(こけら)葺き

蓑甲
蓑甲(みのこう)や谷部分が、杮葺きの見どころの一つだ。

大崎八幡社殿

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

ダイヤフォルテ防水工業会 東日本支部 臨時総会
旧3支部統合し、27年度事業計画策定

daiya.jpg



ダイヤプラスフィルム(株)が製造する「ダイヤフォルテ」ブランドの塩ビシート防水の責任施工団体である、ダイヤフォルテルテ防水工業会東日本支部は平成27年7月31日、東京・九段下のホテルグランドパレスで、平成27年度臨時総会を開催、新年度の事業計画と予算案を審議し、原案通り承認、可決した。

同工業会は、ダイヤフォルテ事業の運営会社が昨年より、三菱樹脂(株)の100%子会社であるダイヤプラスフィルム(株)となって1年少々が経過した。さる4月14日の総会において、組織・運営体制の大きな見直しを行い、従来の6支部を東日本・西日本・九州の3支部に統合し、支部機能を拡大。また本部組織はシンプル化を図り、本部総会・理事会に替えて「本部幹事会」を設けた。
代表幹事にはダイヤプラスフィルムの山田恒久社長が、また幹事として丸山幸俊(東日本支部長・新バーレックス工営)、杉浦渉(西日本支部長・エイ・アール工事)、橋口律雄(九州支部長・橋口工業)、三浦健悦(化研マテリアル社長)
の各氏が就任した。これに伴い、設立以来理事を務めていた髙山宏副会長、片山英男理事は相談役に退いた。

当日挨拶に立った丸山幸俊東日本支部長(写真)は「会員各社の声を反映し、メリットのある東日本支部になるよう、組織運営してゆく」と述べた。

3支部を合わせたダイヤフォルテ防水工業会全体の当面の目標は、出荷量100万㎡の早期達成であり、同支部はその中心的な貢献が期待されている。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


日・韓建築材料施工 Joint シンポ  盛会裏に終了
第12回日本・韓国建築材料施工 Joint Symposium

プログラム EPSON010

第12回日本・韓国建築材料施工Joint Symposiumが2015年7月17日(金)~18日(土)千葉・津田沼の日本大学生産工学部津田沼キャンパス (日本・習志野市泉町1-2-1) で開催された。
特別講演17題、一般講演69題、日本からは24大学と7団体、30企業、韓国からは8大学、参加者総数180名となった。




組織委員長は、湯浅昇(日本大学)、呉祥根(ソウル科学技術大学校)Sang-keun Oh, Seoul National University of Science & Technology。

組織副委員長は、長谷川拓哉(北海道大学)、金圭傭 (忠南大学校) Gyu-yong Kim, Chungnam National University。

顧問は、友澤史紀 (東京大学名誉教授 )、田中享二(東京工業大学名誉教授)、金武漢(忠南大学校名誉教授) Moo-han Kim, Chungnam National University 韓千求(清州大学校)Cheon-goo Han, Cheongju Universityの各氏。


湯浅研 kんくりーとEPSON008 (2)
懇親会後の記念撮影

組織委員は以下の各氏
(日本)
阿部道彦 工学院大学
石原沙織 千葉工業大学
大久保孝昭 広島大学
輿石直幸 早稲田大学
小山明男 明治大学
小山智幸 九州大学
千歩修 北海道大学
濱幸雄 室蘭工業大学
三上貴正 東京工業大学
三森敏司 釧路工業高等専門学校
宮内博之 (独)建築研究所
中田善久 日本大学
野口貴文 東京大学
山田義智 琉球大学
横山裕 東京工業大学
(韓国)
權寧璡 湖西大学校
Young-jin Kwon, Hoseo University
金振晩 公州大学校
Jin-man Kim, Kongju National University
南正樹 日本 東京工業大学
Jeong-soo Nam, Tokyo Institute of Technology
朴同天 韓国海洋大学校
Dong-cheon Park, Korea Maritime and Ocean University
裵基善 漢陽大学校
Kee-sun Bae, Hanyang University
兪在哲 忠南大学校
Jae-chul Yoo, Chungnam National University
尹顯道 忠南大学校
Hyun-do Yun, Chungnam National University
李建哲 韓国交通大学校
Gun-cheol Lee, Korea National University of Transportation
李相洙 Hanbat大学校
Sang-soo Lee, Hanbat National University
李翰承 漢陽大学校
Han-seung Lee, Hanyang University
崔亨吉 日本 室蘭工業大学
Hyeong-gil Choi, Muroran Institute of Technology
韓敏喆 淸州大学校
Min-cheol Han, Cheongju University


論文集P2090647 (2)
論文集

448 特別講演 EPSON011

20120129123641160[1]
組織委員長の日本大学湯浅昇教授(写真」上)は
「このジョイントシンポジウムが東京で開催されたのは、田中享二教授(当時)が組織委員長として東工大で開催された第8回の2006年以来だ。今回、鎌田英治先生・金武漢先生の子世代である私と呉祥根先生とで務められたことは感無量である。今後、時には日韓間の政治問題、研究環境の変化により、我々の交流も影響を受けるだろう。しかし「真の研究」推進こそ、そのような場合の支障を打ち砕く原動力となり得ると信じている。お互いの「信じられる本物の研究者」をめざし、頑張りたい。
としている。





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


マンション改修施工科研修でウレタン防水、シーリング学ぶ
都城南職能開発センター 
マンション改修施工科14名が防水研修

jitsugi P2090666

 東京都立城南職業能力開発センターが実施している職業訓練項目の一つである「マンション改修施工科」のうち防水、外装仕上げ基本作業,シーリング工事が7月24日から31日までの5日間、東京都品川区の同センター人材育成プラザで開催された。講師は東京都職業訓練工の非常勤講師である渡辺光(レオン工業)、内田浩文(光栄工業)の両氏が担当した。
 この研修は東京都立城南職業能力開発センターが27年度科目として実施している13科目のうちの一つで、年4回実施され、期間は6か月。訓練を終えると、2級塗装技能士・防水施工技能士・内装仕上げ施工技能士などの受験資格がえられる。
 今回防水、シーリングの講義を受けていたのは4月入校の14名。

プログラムは、各種防水工法、防水下地、施工マニュアル、技能検定、鉄筋コンクリート造建物の外壁改修・補修。シーリング防水総論・各論・実技など。

P2090669.jpg


渡部 座学 P2090685

入所生に感想を聞いてみた。
建築とは畑違いの分野から参加した30代のTさんは「ものごとの成り立ちを一から教えてもらい、経験できた。マンション改修は将来性のある仕事だと思う」、
40代のHさんは「マンションの改修で、防水の重要性がよく理解できた。既存防水の工法によって改修の仕方が、こんなに様々であることは驚きだ」。
管理の経験がある30代のIさんは「防水工事がこんなに大変で、手間のかかるものだとは知らなかった。先生はユニークで、話はとても分かりやすく、楽しかった」。
また40代のAさんは「立ち上がりの施工は、ダレてくるから難しかった。しかしそれ以上に平場で主剤を均一の厚みに塗るのがとても難しかった。塗った直後はいいと思ったが、翌日見ると波打っていた」。など…。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

RNY 平成27年 燃水祭 舞楽奉納
平成27年 近江神宮燃水祭 奉納舞楽
原笙会が一人舞「「胡飲酒こんじゅ」を奉献

トップ  P7070007

石油と防水関係者が業界の発展を願い、社会に対して継続的に貢献できることを祈念する燃水祭が、さる7月7日滞りなく斎行された。

今回は全国石油商業組合、ARK・アスファルトルーフィング工業会、JHMA・日本防水の歴史研究会3者による「燃土燃水献上図」(小堀鞆音画・複写)奉納が行われるという記念すべき燃水祭となった。

女人舞楽「原笙会」による舞楽奉納が恒例になっているが、今年は一人舞「胡飲酒こんじゅ」が奉納された。

原笙会によると、「胡飲酒こんじゅ」は
================
 天平8年(736)、林邑の僧 仏哲が伝えたといわれます。発祥は胡国とも印度ともいわれています。
 この舞は非常にむずかしく、活発なるべき舞ながら、酔歩蹣跚(すいほまんさん)の状を表現せねばならないので、舞人の苦心は想像以上といわれています。
 装束は、白地に牡丹唐草の華やかな模様の裲襠(りょうとう)装束に、赤色で鼻の大きな面をつけ、手には、太鼓の桴(ばち)に似た酒器を象った桴を持ち、烏皮沓(うひぐつ)を穿きます。
=========================
とのこと。


1 p7070015

2 P7070025

3 P7070039

4 P7070072

5 P7070089

6 P7070094

7 P7070096

8 P7070112

9 P7070141



「原笙会」は舞踏家・原 笙子氏(はら しょうこ、1933年3月14日 - 2005年10月7日)が設立した舞楽団。原笙子はペンネーム。ロシア語の「ハラショー)」から、とられた。1957年、日本で唯一の女人舞楽を担う「京都舞楽会」を立ち上げ、旧来の男性中心であった舞楽界に新風を吹き込んだ。1978年、自身の時代などをつづった『不良少女とよばれて』を出版。これがベストセラーになりテレビドラマ化された。ただしテレビドラマの内容はかなり脚色され、著書とはかなりの隔たりがあった、」という。さらに1985年、兵庫県芦屋市で女人舞楽の会「原笙会」を設立。2005年10月7日、急性骨髄性白血病のため72歳で死去。



刷毛塚と刷毛の日
8月1日は 刷毛の日

刷毛塚 P7070325

刷毛塚 P7070320

hakenohi P7070314 (3)
道具を大切にしない「職人」はあり得ない。感謝の方法は様々ではあるが、「塚」や「記念日」は、解り易くて有効な方法だ。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

油井神社の碑
油井神社碑はカグマの群落のそばに

油井神社碑 P7010026
毎年㋆1日、「日本最古の油田・日本書紀のいう石油献上地」である新潟県胎内市のシンクルトン石油公園の中の原油湧出地で、黒川燃水祭が行われる。

カグマの里P7010033
採油の義で、池に浸みだす原油を掬い取るのが、リョウメンシダの一種で、地元ではカグマと呼ばれる、美しいシダである。

カグマのテイクアウト P7010034 (2)
毎年カグマの準備や、献上行列の裏方として毎年活躍する錦織ヤエさん。今年も、燃水祭のあと、ヤエさん宅の裏山で、カグマの小さ目の株を10株ばかり、いただいてきた。近江神宮のカグマ園の基になるものだ。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会