FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
重要無形文化財 博多祇園山笠
博多 祇園山笠 2015.7.15 午前4時59分
追い山P2140178

P2160070.jpg


博多山笠追い山の日。 2015年7月15日夕刊。
博多山笠追い山の日。 2015年7月15日夕刊。

櫛田神社本殿正面P2140037
櫛田(くしだ)神社:博多総鎮守。中殿に大幡主大神、左殿に天照皇大神、右殿に素盞嗚大神を祀る。

770年の伝統を誇り、全国的に知られる博多祇園山笠は、櫛田神社の祇園神(素盞嗚命)に対する氏子の奉納神事である。
大幡主大神は天平宝字元(七五七)年に鎮座し、素盞嗚大神は天慶四(九四一)年、天照皇大神については古くて記録にない、という。
中世の兵火によって荒廃したが、天正十五(1587)年、秀吉が博多町割(復興)の実施とともに現社殿を建立、寄進した。平成十二(2000)年の「第四十八回式年遷宮」では本殿、拝殿の改修工事、回廊を新設、平成十九(2007)年の「千二百五十年祭」で本殿、拝殿の屋根の葺き替えなどの記念事業を実施している。

櫛田神社P2140093



撮影隊P2140091