FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
中性化による鉄筋腐食リスク評価方法 などに助成金 第54年度 竹中育英会

P7130465.jpg
写真は記事とは関係がありません。


第54回、2015年度竹中育英会建築研究助成金交付者10名が決定し、7月1日、対象者10名の研究題目と氏名が発表された。応募件数67件。

材料施工部門で、東京理科大学大学院の木野瀬 透氏の「非/微破壊的手法に基づく既存鉄筋コンクリート構造物の中性化による鉄筋腐食リスク評価方法の開発」が選ばれた。

 この事業は竹中工務店が、日本建築学会を通じて「将来性のある若い研究者の今後に期待できる研究を助成する」というもので、標記研究助成を下記の要領により建築学会会員から募集している。
◇募集目的:建築に関する学術・技術の研究であって,今後の発展が期待できる研究育成のため、国その他から補助を受けていない者に対して助成する。
◇ 助成金額:1件50万円/対象者10名 (総額500万円)
◇応募資格者:1)大学院生または同等の者で、「無所得(注)」の研究者


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会