FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
六本木で、祇園の鉾の 屋根を見る
大船鉾初めて京都を出る 六本木で組み立て実演

pa-tsu ura P6190240 (2)
 
 京都・祇園祭の「大船(おおふね)鉾」(全長7・47メートル、高さ6・35メートル、重さ約12トン)が6月19日、東京・六本木ヒルズアリーナで「出張展示」された。大型の鉾が京都府外で建てられるのは大阪万博の菊水鉾以来で、東京では60年ぶり。(山鉾全体では2011年の仙台市での綾傘鉾以来。)

 これは 京都市と市観光協会が毎年主催するツアー企画「京の夏の旅」の40回記念の一環で、大型の鉾が東京で見られるのは、1955年に東京駅八重洲口前で月鉾が建てられて以来(京都市文化財保護課)という。


屋根裏からみあげるP6190356
床に上がり屋根裏を見上げる。対角線上に銅板のライン(ジョイント部分)が見える.。銅板屋根の施工は京都の田原板金製作所で、屋根下には改質アス.ファルトのルーフィングが施工されている。


kannsei uekara P6190429 (2)

 大船鉾は幕末の1864年に禁門の変で焼失したが、昨夏、150年ぶりに祇園祭への復活を果たした。18日午後から京都から来た20人の職人が釘を使わずに組み立て始め、19日の12時ころには屋根の組み立てが始まり、約1時間かけて、16のパーツに分かれた銅板屋根ユニットを組み付けた。 20、21日は鉾に乗った囃子方(はやしかた)による演奏や、舞妓(まいこ)らによる舞をはじめ、京文化体験イベント「『ほんまもん』だけ3DAYS」が開催される。


3人P6190007
 大船鉾は祇園祭の35ある山鉾の一つ。後祭(あとまつり)では殿(しんがり)をつとめる大型の鉾である。四条町大船鉾保存会の木村宣介(のぶすけ写真左)・業務執行理事(45)は「皆さんは大きさに驚かれたはず。たくさんの人に大船鉾を知ってほしい」と話す。

 1422年に最初に建てられたとされ、何度かの焼失と復興を繰り返した後、1864年にも一部を焼失、その後は巡行に参加できなくなっていた。昨年、地元の積年の願いがかない150年ぶりに復興された。

アリーナでの組み立て作業 P6190081 (2)

20日には舞妓2人による舞の披露を各日2回予定、 21日の12時からは、祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の京都五花街の芸妓と舞妓40人が舞を披露する。
 20日・21日は、飲食・物販、体験メニューを提供するブースも出店。「井筒八ツ橋本舗」「京都北白河ラーメン魅力屋」「佐々木酒造」「南禅寺 順正」「モリタ屋」「園部染工」など。

 そのほかに、京友禅のきものショー・京友禅のきものライブペイント(20日13時~と16時~)、「夏を感じる川床カフェ」など。20日=11時~18時、21日=11時~15時。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会