FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
瑕疵による不具合の修補費用はどう見積もる?
JIA司法支援会議が参考書を作成


鶴田P2015_0508_155228_copy
防水工事の部分を担当した鶴田裕氏。の説明。

  日本建築学会 司法支援建築会議運営委員会は平成 27 年5月8(金)14:30~16:00東京都港区芝の建築会館ホールで、「修補工事費見積り方法検討報告書」報告会を開催した。
 司法支援建築会議は会員を対象として、2008 年に建物の瑕疵に伴う不具合の修補費用を算出するさいの指導的 な役割を担う参考書を作成する委員会として「修補見積り検討小委員会」を立ち上げた。

 6 年にわたる検討を経て、当初計画していた、さまざまな修補工事について画一的な方法で見積ることを前提にして、統一された修補費用の 見積り方法を作成することは、実情にそぐわないことが判明した。修補に関する裁判の内容が 多種多様であり、修補の目的、修補すべき個所、修補の方法とその範囲、および要求される修補後の品 質が判例によって大きく異なるからで、さらに基礎工事、防水工事、設備工事などの修補 の見積りについては、規模によってやや事情は異なるが概して見積書に示す施工細目が複雑になり、見 積りを業とする専門の第三者に見積りを依頼することが不可欠である場合が多いことが確認された。

 そこで、報 告書では 1 編 1 章で通常的に生じる数編の修補事例について基本になる修補の見積り方法を計算例で示 し、1 編 2 章では修補の見積りの計算例のほかに、基礎工事、防水工事、設備工事などの事例について は見積書などを例示して、修補の見積りをするための参考書を作るという方向に転換した。
このほど、報告書がほぼまとまったため、鑑定人、調停委員、専門委員を務める司法支援建築会議 会員ならびに法曹関係者を対象にしてその概要を報告ことになった。

 当日の司 会は 池永博威氏。(修補工事費見積り検討小委員会主査/元・千葉工業大学)。
上谷 宏二 氏(司法支援建築会議運営委員会委員長/摂南大学)の挨拶に続いて、各章を次の各氏が報告した。
1.序章・池永博威
2.Ⅰ編 1 章「修補費用の見積り概要」・山本康弘(元・東京都立大学) ・岩松 準(建築コスト管理 システム研究所総括主席研究員)
3.Ⅰ編 2 章「部分別修補工事費用の算出方法」、
Ⅱ編・橋本真一(建設物価調査会総合研究所主席研究員、 経済研究部長)
4.防水工事と雨漏り・鶴田 裕(元・大成建設技術研究所)



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会