FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「40年小史」にみる近江神宮燃水祭の起源
近江神宮40年小史

近江神宮40年小史 表紙 DSC08002


近江神宮が発行していた、月刊「志賀」の第148号(昭和55年11月1日発行)は、号外「御創建にいたる経過概要と「近江神宮四十年小史」として発刊された。
「志賀」の位置付けに関しては、同148号の年表、昭和43年8月1日の項に次のように書かれている。
~~~「志賀」第1号発刊。因みにこれは滋賀学区内の連絡機関紙として神宮が編集発行、学区内全戸(昭和45年10月現在、約4,200 部発行)に無料配布するもので、月刊。~~~

40年史の奥付には、編集発行人・近江神宮権宮司 佐藤宇祐、の名が書かれている。

中ページ

燃水祭に関する記載は2か所のみ、
①和51年3月12日:大協石油㈱より、「燃える水、献上の図」奉献さる。
②昭和55年7月7日、燃水祭、魚介類安鎮祭、


DSC08003_copy_201504250153598cc.jpg
裏表紙。


↑↑Roof-Net ルーフネットホームページはこちらから ↑↑

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会