FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
(一社)日本金属屋根協会平成27年新年会
(一社)日本金属屋根協会新年会
屋根の金属化率は50%を超えた。

右田会長 P1010255
挨拶する右田会長。「顎を1センチ上げると前向きの気分になる。もう1センチ上げると金属屋根が見える。また1センチ上げると空が見え、さらに1センチ上げると明るい未来が見える」。

 一般社団法人日本金属屋根協会が1月21日、東京・中央区の鉄鋼会館で平成27年賀詞交歓会を開催した。
 挨拶に立った右田会長は「明るいイメージで始まった昨年とは異なり、今年は業界・業種・地域によってまだら模様のスタートだ。消費増税に関してはやはり住宅を中心にその影響は否めない。昨年10月、理事会として「将来を担う若者が希望を持って入職できる環境整備の実現」を決議した。建設業従事者数は1987年の685万人2013年まで減り続けたが、2014年の503万人と、ほんのわずかだが初めて前年比増加した。また30歳未満の労働人口の占める率も11%、とこれも微増となった。」と述べた。
  続いて来賓の、経産省住宅産業窯業建材課横瀬課長補佐の挨拶の後、三宅英徳副会長の発声で乾杯した。

河本善博副会長 
三宅副会長。屋根葺き材として瓦、スレート、金属などがあるが、「屋根の金属化比率は、1980年代20%、2000年に36%、2012年は50.6%と順調、2013年は51%にのりそうな気配だ。

平成27年 立春朝絞り 予約締め切りは1月27日(火)
付加価値、価値の創造、利休・・・・・・、
予約開始のこのポスターを見る度に思い浮かぶ言葉です、

立春朝絞りDSC07927
 確かにうまいが、これよりうまい酒はいくらでもある。そもそも酒の好みなんて、実に様々だし、吟醸酒や生酒が苦手な酒飲みも少なくない。
それでもこれが、1日に24万本も売れるには理由がある。

キャッチコピーは : 今年一年の幸運と繁栄を招く縁起酒! ~立春の日の朝に搾りあげた、究極のしぼりたて~。

裏の解説DSC07932
日本名門酒会が毎年、立春2月4日に発売する 「澤乃井  立春朝絞り」。 立春の日に、昨年(2014年)日本一売れているお酒(4号瓶)だそうです。

  東京・青梅の酒「澤乃井」の蔵元小澤酒造が、立春の日に酒が一番良い状態になるよう仕込む。酒屋はもっとも冷え込む夜明け前から蔵元に集合、瓶詰めされた酒にラベルを貼る。作業を終えると地元の神主さんのお祓い。酒屋はそれぞれの車に積んでその日のうちに客に届ける。
 
 水天宮にあるルーフネット編集本部の向かいが、加盟酒店の一つ野沢酒店。店主の野沢さんは「今年もうまいですよ。早く店に戻れるように、雪だけが心配です」と言っていた。この店の場合、例年12時過ぎには店頭に並ぶが、ほとんどは予約品だ。気の早い客は12時過ぎから店で店主の到着を待っている。

 作り手と売り手が真剣に作り、感謝し、買い手はそれを予約し買うことで支援する。そりゃあ沢山売れたら嬉しいが、何より三者が一連の行為を目いっぱい楽しみ、遊ぶ。これが、結果として売れることの理由、だと確信します。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


全アロン防水組合関東支部 平成27年新年会
中川政雄氏の講演と賀詞交歓会

講師を紹介する川上支部長P1010230
講師を紹介する関東支部川上支部長

 全アロン防水組合関東支部は平成27年1月20日、1月12日(木)全アロン防水組合関東支部は、東京都港区のメルパルク東京で賀詞記念講演会を開催した。
 今年の講演テーマは「人は化ける 組織も化ける」―やったらやれるで 元気の出前―。 大阪・八尾市生まれの72歳、元気コメンテーター中川政雄氏が、「人の力、組織の力を発揮させ、元気の出る経営」を熱演した。

中川政雄講師P1010233
 中川さんは、高校卒業後、地元の信用金庫に入庫し、日掛け集金人を経て、また上司に恵まれ、負け犬根性の象徴である「どうせ」の3文字を跳ね返してゆく。そして史上最少年齢28歳で支店長に抜擢された。しかし挫折、また復活・・・。同氏がアロン防水組合で講演するのは2度目だ。

demizu P1010244
乾杯の発声を行う出水氏。今年度の組合施工目標も順調に達成しつつあることを報告。小川理事長の強力なリーダーシップで組織の若返りが急速に進んでいる。