FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「大臣に新年挨拶で「木遣り(きやり)」を披露する」 ということについて
木遣り披露

木遣り披露
平成27年1月8日(木)、一般社団法人日本鳶工業連合会の役員らが国土交通省を訪れ、太田大臣らに新年の挨拶をするとともに、木遣り師が「木遣り」を披露した。(写真・国土交通省)

大臣のところに新年挨拶に行って一緒に記念写真ができるとか、木遣りを聴いていただける、ということが、羨ましいわけでは無い。「披露できるものがある」、ということが羨ましい。仕事に誇りを持ち、かつそれを象徴する「モノ」や「行為」があるのは、とても幸せなことだ。
 象徴とまでは言えないにしても、ルーファーの日々の営みとかかわる歴史や記録、芸術作品を掘り起こすことが、「ルーフネット」の目的の三分の一を占めている。
献上図
小堀鞆音(ともと)の、燃土燃水献上図

例えば、小堀鞆音(ともと)の、燃土燃水献上図であり、塚田秀鏡の彫金花器であり、聖書の話、オペレッタ「燃える水」・・・。そしてそれがルーフネット編集長の最大の楽しみでもあります。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会