FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
防水と雨仕舞と「水防守」
プロジェクトアシアス鈴木代表が講演

アシアス13回会場 P1000550

 マンション改修を得意とする鈴木哲夫設計事務所の鈴木氏を中心に設計者、管理会社の技術者8名が立ち上げたコンサルタント・研究組織であるプロジェクトアシアスが、11月28日、午後6時15分より、東京都中野区の中野サンプラザで第13回セミナーを開催した。
テーマは「防水と雨仕舞の本質と漏水につながる盲点とは」。担当講師はアシアス代表の鈴木哲夫氏。参加者は50名。

アシアステキスト P1000549
講演内容
第1部は防水と雨仕舞と水:防水と雨仕舞は概念が異なり、これらの工夫で漏水を回避することができる。またここに直し方のヒントがある。
第2部は防水層の損傷劣化:防水層の損傷と漏水の原因は躯体側にあることが多い。
第3部は漏水をどう診たてるか:具体的な多数の事例を通してどう直すかを示した。

アシアス 13回 鈴木 P1000551
第1部で「防水」と「雨仕舞」の総称として「水防守みずぼうしゅ」という雨水処理の概念を提案する鈴木氏。

 第3部は現場に詳しい鈴木氏の真骨頂。漏水という現象に対して、単に防水層を再施工しても解決しないことは珍しくない。多くは納まりや躯体側に原因がある。それを解決せずに防水改修を何度行っても、徒に費用は嵩み、建物の劣化も進む。真の漏水の原因を見つけるために、どこを見て、どう直せばよいか。実例写真を示しながら「診たて」のポイントを示した。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会