FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
旧朝香宮邸・東京都庭園美術館がリニュアルオープン
アールデコの名建築がオープン 新館も開設

庭園外観P1000515


東京都庭園美術館が11月22日、約3年間にわたる本館の改修工事を終え、リニューアルオープンした。同時に新館を開設。オープン前日の21日に開かれた内覧会で初公開された。

 東京都庭園美術館は旧朝香宮邸を継ぎ1983年に開館したものだが、30周年を迎え、老朽化が進んでいたため全面的なリニューアルが図られた。この建物は1920年から30年代にかけて流行したアールデコ建築の世界的傑作と、国内外から高く評価されており、東京都の有形文化財に指定されている。
本館は室内装飾家アンリ・ラパンや宮内省内匠寮が手掛けたアール・デコ様式を継承し、創建時に近い空間を実現。外壁は、骨材の風合いを出し全面手作業で復刻された。

 内覧会の同日に記念式典が行われ、舛添要一東京都知事やティエリー・ダナ駐日フランス大使らが出席、阿部海太郎氏によるピアノ演奏も行われた。

リシン掻き落としの工程が4分40秒のビデヲで紹介さてレイルP1000390
 リニューアルオープン初日からは、東京都庭園美術館の建築を紹介する「アーキテクツ/1933/Shirokane アール・デコ建築をみる」展と「内藤礼 信の感情」展を開催。

1933年当時の宮内庁工事仕様書
1933年当時の宮内庁工事仕様書

「アーキテクツ/1933/Shirokane アール・デコ建築をみる」展では、休館中に行った調査・修復作業、朝香宮邸建築に携わったアーキテクツ達に焦点をあて、1933年の設計者、技術者、職人たちがどのような思いで建設し、改修に取り組んだかを、ビデヲや文献、報告書、仕様書などの展示を通じて紹介している。

屋上防水はウレタン防水脱気工法のようであるP1000461
屋上はウレタン防水脱気工法で改修されたようだ。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会