FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
メッタ切りされる幸せ
第41回水コンペ表彰式(速報)


パーティーで講評を述べる長谷川豪氏。

総合防水メーカーである日新工業(相臺公豊社長)が1974年から41年間にわたって主催するアイデアコンペ「日新工業建築設計競技」の表彰式が11月20日、東京・日比谷の帝国ホテルで開催された。

inui ]P1000303
乾久美子氏。

今回のテーマは「アンダー・ワン・ルーフ」。登録数988件、応募総数364件。六鹿正治委員長ほか5人の審査委員が選んだのは西田・ヤン両氏の「砂漠の中の大きな屋根は刻々と変わりゆく」(一等)はじめ11点の作品。


kitayama ,yamazaki P1000364
左から北山恒・コーディネーターの馬場璋造・山梨知彦の各氏。

今回は会場の都合で例年の六本木国際文化会館ではなく帝国ホテルでの開催となった。変わらないのは審査員による歯に衣着せぬ厳しくも愛情あふれる講評。1等100万円の賞金も魅力だが、審査員の率直な講評が何よりのプレゼント。

一等P1000267
一等の西田庸平氏(右)とヤン・クワン・ティン・トミー(左)氏。表彰式後のパーティーで作品を説明する。

 審査委員長は六鹿正治(日本設計取締役会長)氏で、審査委員は次の各氏。
北山 恒(横浜国立大学大学院Y-GSA教授、architecture WORKSHOP主宰) 山梨知彦(日建設計執行役員設計部門代表)、乾久美子(東京藝術大学准教授、乾久美子建築設計事務所主宰)、長谷川 豪(メンドリジオ建築アカデミー客員教授、長谷川豪建築設計事務所代表)、相臺公豊(日新工業代表取締役社長)。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会




toi photo 伏見稲荷
伏見稲荷本殿
伏見稲荷  P3160019

ふしみいなりP3160020
全国に3万社以上といわれるお稲荷さんの総元締め。


fushimiinariP3160027.jpg
稲荷大神の御鎮座が奈良時代の和銅4年(711)とされており、平成23年(2011)に鎮座1300年を迎えた。

ふしみいなりP3160021
秦の始皇帝の子孫とされる渡来人秦氏が祀ったのが始まり。朱と金、流れ造、桧皮葺の屋根に銅板の棟飾り、樋の緑青
が映える。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会