FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
T's style 10 巨大な木造建築の陸屋根の防水
年間降雨量9千ミリの地域で
巨大な木造建築の陸屋根の防水

宮崎・熊本・鹿児島の県境に位置し、四方を霧島連峰に囲まれた田園風景の中に立つ特別養護老人ホーム。地元宮崎産の木材を使って地域に貢献しつつ、厳しくも豊かな自然のなかで、入居者と介護者が穏やかな時間が過ごせる施設が計画された。できあがったのは延床面積4500平米という伸びやかな木造平屋建築であった。そしてその陸屋根の屋上は改質アスファルトのルーフィングが防水を担っている。


中ページP1140262

総合防水メーカー田島ルーフィングが、建築関係者向けに発行している、PR誌「T's style 」10号がこのほど発行され、特別養護老人ホーム「えびの涼風園」の建築に込めた施主と設計者の想いを紹介している。

shou 表紙P1140258

同誌のなかで設計にあたった呉屋彦四郎、塩田能也両氏は屋根工事に関して次のように述べている。

この建物の難工事の一つが屋根でした。個室と中庭、そして周囲の風景が連続するようにつくりたいと考えたとき、屋根のトップが高いとどうしても中庭が周囲から隔絶された空間のようになってしまいます。このため、極力屋根の高さを上げず、陸屋根部分を多くする事にしました。しかし年間降雨量9000ミリに迫るこの地域で、これだけ大きな面積を陸屋根でやって果たして防水は大丈夫だろうかという不安はありました。一カ所に大量の雨水が集中しないよう、微妙かつ複雑な水勾配をつくる必要があったのです。・・・完成した仕事は完璧なものでした。竣工後の昨夏もかなりの豪雨に見舞われましたが、全く問題は出ていません。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会



RN216Y:大舟鉾の銅板屋根とルーフィング
150年ぶりの復活にルーファーも一役
祇園祭大舟鉾の銅板屋根と防水

shashinn1鉾の絵
写真1:CAPなし

2014年夏の京都はひときわ暑かった。全国的にも猛暑だったし、京都の厚さは昔から評判なのだが、今年は特に四条の鉾町の住民は燃えた。 その理由は、150年ぶりに祇園祭に「大舟鉾おおふなぼこ」が復興したからだ。祇園まつりが幕を閉じる7月31日まで、京都の人たちは気候の挨拶なみに、この鉾のことを口にしていた。テレビはもちろんだが新聞は特にヒートアップ。京都新聞をはじめ、朝日、読売も、7月に入ると祇園祭特集がつづいた。
大舟鉾は1864年禁門の変(蛤御門の変)で焼失、150年ぶりに復興され後祭の巡行で10基の最後尾を飾った。


文化博物館でも展示があったが、屋根に興味が有れあれば、京都市無形文化遺産展示室の、屋根型保存展示雅P8180163
しゃしん2:京都文化博物館でも展示


大舟鉾新聞P9110708
写真3:絵解きなし

朝日新聞7月25日の朝刊は、河原町御池交差点で辻回し(割竹を車輪の下に入れ方水を撒いて向転換)する様子を「150年 時を超え船出」と大見出しで掲載している。大船鉾の屋根は、ほとんどお寺の屋根だ。しかも葺きたての銅板はピカピカ。東京駅を思い出させる。紙面の大きな写真から、まぶしい屋根が目に飛び込んでくるのだが、記事には屋根に関する記述は一切ない。しかし実際は屋根工事も防水用ルーフィングも大事な役割を発していた。



あっしゅく銅板一文字葺きP9140013
写真4:京都市無形文化遺産展示室で展示されている大舟鉾の屋形。

漆塗りや飾りは、今後の課題P9140075
写真5:漆塗りや装飾は今後の課題。

8月に入って、京都駅前のヨドバシビルの1階に京都市無形文化遺産展示室がオープンし、祇園祭に関する資料展示が、大舟鉾の屋形とともに展示されている。屋形は桧製で、会場では上下全方位から見られるため、屋根の銅板葺もしっかり観察することが可能だ。この展示は、鉾町である四条町大舟鉾保存会には解体した鉾を保管する町家がなく、ヨドバシカメラが保管を兼ねて常設展示することにしたそうだ。



この唐破風も差し込み式。やbねだけで20パーツに分かれるP9140055
しゃしん6:この唐破風も差し込み式で、屋根全体は20のパーツに分解される。
大工が作ったパーツに銅板を貼ってゆく。0.3ミリの一文字葺き。

写真7 EPSON001
写真7差し込み式の破風も2分割。(写真提供:田原板金製作所)

写真8EPSON002
写真8

大舟鉾の屋根下ルーフィングP9300012
写真9:銅板を貼る前に防水のために、改質アスファルトルーフィングを下張りする。


(*板金工事の詳細写真を工事を担当した田原板金製作所さんから頂いたので、田原社長の解説を添えて、紹介できるよう、準備を進めています。)