FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
全アロン防水組合 第33期通常総会
全アロン防水組合で、広島で平成26年度通常総会
出荷量は前年比104%、役員若返り図る

 東亜合成㈱が製造するアクリルゴム系防水材アロンコート・アロンウオールの責任施工団体である、全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合は平成26年9月18日、広島市のリーガロイヤルホテル広島で、第33期通常総会を開催、新年度事業計画などを決定した。また任期満了にともなう役員改選では、小川隆幸理事長(日装)を再選したほか、副理事長に再任の内藤光雄氏(丸星工業)のほか、新任副理事長として、田村哲郎(田村建材)・米子幸一郎(極東化成)の2氏が就任した。

あっしゅく再選され挨拶する小川理事長 P1140318
再選され挨拶する小川理事長。「役員が大きく若返った。各地の管理士会メンバーとの交流、全国持ち回り総会の復活など、交流を深めている。5トン未満の購買量だった会員の動きが目立って来たという、うれしい兆しもある。巨大な修繕のマーケットを控え、いよいよ我々の時代だ。同時にそれに伴う人手不足対策も急務である。今16名の海外研修生を受け入れ、我々にも彼らの母国にもメリットのあるよう進めている」。

東亜社長挨拶P1140451
メーカーを代表して東亜合成・橋本太社長が挨拶。

記念講演は「面白添乗員」として、テレビ出演し、「タコの会」を主宰している旅行コメンテイター寺田一義氏。「サービスとおもてなし」の違い、「特別扱い」の力、などを経験談をもとに熱演した。曰く、「サービスは有償」、「おもてなしは無償」」
。表がないからおもてなし、裏がある。裏は「ととのえる」ということ。など。

来賓を代表して挨拶する本橋教授P1140736
総会後の懇親会では、来賓を代表して芝浦工業大学本橋健司教授が挨拶。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

『鋼板製屋根・外壁の設計・施工・保全の手引き』(MSRW2014)説明会
建築物の設計・監理、施工、保全等の実務者を対象に
11月7日・東京、11月21日・大阪で説明会開催
申し込み締め切りは10月25日   (一社)日本金属屋根協会
JRCA


 日本金属屋根協会並びに日本鋼構造協会では、『鋼板製屋根・外壁の設計・施工・保全の手引き』を独立行政法人建築研究所の監修を受けて本年2月に発行した。
 同書は、鋼板製屋根・外壁に係るより具体的な構法の提供、長期間にわたり鋼板製の屋根・外壁を使用する上で不可欠な維持保全、そして改修のノウハウを提供することを目的に作成された。
 これまでに同協会が出版した「鋼板製屋根構法標準SSR2007」、「鋼板製外壁構法標準SSW2011」で目指した構造安全性の合理的な実現をより確実なものとするため、下地を含めた各部位の参考構法(ディテール)を多数紹介している。施工については目指すものが確実に実現できるよう、ポイントをまとめたチェックリストを紹介している。維持保全、改修については、考え方、検討の流れなどを紹介するとともに、維持保全計画の策定、改修設計に関わる参考情報を取りまとめた。併せて、設計等の参考になるよう防耐火、断熱、結露対策、遮音・防音、降雨・雪対策、鋼板の腐食現象とその対策などに関わる技術資料も掲載している。
詳細はこちら↓
http://www.kinzoku-yane.or.jp/notice/pdf/MSRW-2014_setumeikai.pdf

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会