FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
オキシペタラム・ブルースター
ブルースターの実(さや)
莢P7180018

アップ 屋上庭園の夏 RIMG0017
オキシペタラム(ブルースター)科名:ガガイモ科 原産地:ブラジル 別名:ルリトウワタ ブルースター
草丈:60cm-1m 開花期:7月-10月 花後には細長い紡錘形の莢(さや)ができて、やがて弾けて中から綿毛の付いた黒いタネが飛び出す。



ルーフネトの屋上・RIMG0018
左端にブルースターの実(さや) 園芸用に矮性化されてしまった桔梗右端に比べて、野放図に伸びて好ましい。ふしぎなブルーの花をつける。切り戻せばどんどん咲き続けるが、それを我慢して放っておくと実(莢)をつけ、種まきができる。これこそ園芸の醍醐味だ。

屋上庭園の悩みは過度の乾燥。多くは土厚が薄く、さらに屋根荷重を考慮して、軽量土壌を使うことが多い。比較的乾燥に強いブルースターは案外屋上庭園に向いているのかもしれない。ここではベンチの下に植えられていたことが幸いし、冬の寒さからも旨い具合に守ってくれたようだ。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会