FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
特化則対応ウレタン防水工事指針で講習会
平成26年7月22日(火)  東京・永田町 聖陵会館ホールで

(一社)建築防水安全品質協議会)は今年3月、「特定化学物質障害予防規則に対応したウレタン塗膜防水工事指針」を発行した。これを受けて厚生労働省労働基準局安全衛生部化学物質対策課は4月1日付けで、都道府県労働局労働基準部健康主務課宛てに以下の「業務連絡」を行っている。

今般、(一社)建築防水安全品質協議会が自主的な取り組みとして、ウレタン塗膜防水工事における法適用を踏まえたマニュアルを作製したところです。業務の参考として配布いたしますので、指導等の参考にしてください。
(留意)(一社)建築防水安全品種協議会の自主指針なので、都道府県労働局等で積極的に周知するものではありませんが、施工業者より、求め等があれば、配布していただいても支障はありません。


同協議会 環境安全委員会は[22日(火)13:00-17:00、東京都千代田区永田町2-10-2 の聖陵会館ホールで、同指針をテキストに講習会を行う。参加費用は3000円。問い合わせは同協議会へ n-mihara@refo.co.jp

・開会(鶴田裕)・ウレタン防水材料の基礎知識(坂口博英) ・TDI環境濃度の測定(和田環) ・指針の解説 Ⅰ(本橋健司)、Ⅱ(近藤照夫) ・指針に準じた施工(渡辺光)




新潟で「黒川燃水祭」
NHKニュース(新潟)が同日PM6:45
「燃える水」採油の儀など放映

採油の儀P7010230 
新潟県胎内市(旧黒川村)シンクルトン記念公園で

 平成26年7月1日(火) 10時30分、シンクルトン記念公園(胎内市下館1622)で、「黒 川 燃 水 祭」が開催された。
 新潟県内の石油産出地は、黒川、新津、東山丘陵、西山丘陵、頚城地方などが知られており、石油の古名である「くそうず(草水、臭水)」という地名が各地に見られる。 新潟県を含む北陸地方が「コシ(越)」と呼ばれていたころ、日本書紀、第38代天智天皇7年(西暦668年)の記録に「越の国より燃ゆる土(アスファルト)、燃ゆる水(原油)とを献る」という日本最古の原油献上の記述があり、当市黒川地区(旧黒川村)の塩谷・下館はこの献上地といわれ、黒川の地名も黒い川の流れるほどに原油が湧き出たことからついたと伝えられている。しかし、一般にはこうした歴史が知られていないのが現状。
 
神官 井本s
「油壺」の前での祭事

黒川燃水祭は、『越の国黒川臭水遺跡保存会』が、昭和62年から続けてきた。1,300余年前の故事に則り、毎年、天智天皇を祀る滋賀県大津市の近江神宮に献上する燃水を採油している。保存会の布川会長は「日本最古の石油献上地を保護し、また先人が臭水(燃水、原油)に係わりあってきた関係と貴重な文化を後世に残すことが我々の使命であると考えいます」と語っている。
 燃水祭には天智天皇を祀る滋賀県の近江神宮から神官をはじめ石油開発業界、石油販売業界の代表が参列するとともに、地元小学校児童も郷土史の勉強を兼ねて見学し、白装束を身にまとった保存会メンバー等が献上風景を再現して、「燃える土」と「燃える水」を担って黒川支社まで行列した。
 なお、『黒川燃水祭』でカグマ(リョウメンシダ)により古式の方法で採油された油は、近江神宮において7月7日に開催される「燃水祭」に奉献される。


shougakusei nomae出発P7010143
地元の小学生達の前を通って、行列が出発。装束や構成は、祭の基になった「燃土燃水献上図(小堀鞆音)」に沿ったもの。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会