FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
yan enikki
割って入った隅木(すみぎ)

P61割って入った隅木50090

2014.6 滋賀県長浜市 で。

屋根の角、隅は何かとややこしい。雨風の負荷はかかるし、魔物も来る。隅棟の鬼瓦の鼻先の下に、隅木が「俺にもやらせろ」と割り込んできたように見えますね。樋の両端がスパッと45度に切り取られ手います。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会



7月1日は新潟県胎内市で「黒川燃水祭」 
越の国 日本最古の油田で、 燃える水を採油


黒川燃水祭ポスターP1120322
石油に関する資料館であるシンクルトン記念公園で、7月1日10時30分より斎行。

sakunenno 黒川
昨年の黒川燃水祭の様子。

油壺とよばれる右側の池に石油が湧きだしている。それを昔ながらの、カグマ(リョウメンシダの一種を)乾燥させて束ね、吸い取る。神事の後、小堀鞆音の「燃土燃水献上図」の図柄を模した装束で、献上行列を行い、7月7日の近江神宮燃水祭で奉献する。(実際は市役所まで行列し、近江神宮から参列した神官に託す。7月7日の「近江燃水祭」では黒川の関係者が装束を着け奉献する。)地元の小学生も多く参加し、地元の産業史を学ぶ貴重な体験授業になっている。新聞テレビの取材も多い。

新潟県では海底油田や天然ガス開発が進められており、その関係者や市の関係者が直会(なおらい)に参加し、4年前から参加している日本防水の歴史研究会JWHAとも交流する。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会