FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*塩ビシート防水大手、出荷量400万平米に迫る
塩ビシート防水のトップグループ3社のうち、アーキヤマデ、住ベシート防水の2社が製造する塩ビシート防水の責任施工団体であるそれぞれ日本リベットルーフ防水工事業協組・サンロイドDN工業会が定時総会でを終え、平成25年度の施工量が明らかになった。

アーキヤマデは398万平方メートル
アーキヤマデが製造する「リベットルーフ」の責任施工団体である日本リベットルーフ防水工事業協組は、5月28日、東京・九段下のホテルグランドパレスで、平成25年度通常総会を開催した。25年度の出荷量は 398万2,668㎡。目標360万㎡に対して、当初出荷は不調であったものの、夏以降の急増により軽くクリアーし、対前年比112%の大幅増となった。
組合員数は149社。

来年度は、断熱防水システムや太陽光発電連結システム、太陽光高反射シートなど、現場対応型システムを積極的に展開し、需要喚起に努める。また継続事業として作業員の育成、施工技術向上を目標に、全国各支部と連携を図り「技能員育成講座」を積極的に開催する、などの事業を行い、来年度取扱高目標を400万㎡と設定した。

サンロイドDN26年度総会 P1110871
総会で挨拶するサンロイドDN工業会進藤充康会長(日建工材(株)会長)。

住ベシート防水は338万㎡
住ベシート防水が製造する「サンロイド」の責任施工団体であるサンロイドDN工業会は6月4日、東京・天王洲アイルの第一ホテルシーフォートで、平成26年定時総会を開催した。25年度の出荷量は338万㎡で、前年より32万㎡増加により、対
前年比110.8%の、こちらも大幅増。消費増税前の駆け込み需要の内、特に戸建て住宅向けの需要が貢献したようだ。
会員数は94社。

来年度は各地での施工技術勉強会の開催、拡販展開情報の共有化などを進めてゆく。
総会終了後、住ベシート防水の志満 健社長は、売り上げに貢献した板谷土建、開発、北川瀝青などに感謝状を手渡した後、「昨年度は過去最高の売上高を達成した。全出荷量は338万㎡で10.8%の伸びだが、工業会専用品に限れば前年比115%の伸びとなった。今季は新規採用により営業スタッフを充実した。一層のご支援をおねがいしたい」と挨拶した。
特別講演は、トータル飲料コンサルタント友田晶子氏の「大人の男にふさわしいお酒の飲み方」だった。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会