FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*建築博物教室第2回
沖縄の瓦屋根が語ります。

小石川分館ではさまざまな分野の研究者を招いて、「アーキテクチャ」をキーワードにした「建築博物教室」という公開ギャラリーセミナーを開催している。6月8日(日)、「シマのアークテクチャ」と題して、歴史考古学・民族考古学の専門家である石井龍太氏が「屋根瓦からみる琉球諸島の歴史」について講演する。
参加費は無料で、申し込み不要だが、定員は30名。

-----------------------------------------------------------------
建築博物教室第2回
「シマのアーキテクチャ ―瓦屋根の語る琉球諸島の歴史―」
小石川


講師:石井龍太氏(城西大学経営学部助教/歴史考古学・民族考古学)。
日時:6月8日(日)13:30~15:00
会場:東京大学総合研究博物館小石川分館 2階「空間標本」展示室
   東京都文京区白山3-7-1
   アクセス:地下鉄丸の内線茗荷谷駅より徒歩8分

同博物館によると

アーキテクチャ(architecture)とは
日本語の「建築」は建物(building)または建設(construction)の意に解されることが多いが、元来 architectureは、構成原理、統轄原理、設計思想、設計仕様といった非物象的な意味を含む。
建物を基軸としつつ、幅広い万象のアーキテクチャを探求し、それがまた新たなアイディアやフォルムの創造をうながす —それが建築ミュージアムの使命であり、建築博物教室はそのために企画された公開イベントである。毎回さまざまな分野の講師が、アーキテクチャという切り口で先端的研究をレクチャし、また展示ユニット「アーキテクトニカ・コレクション」を制作して、アーキテクチャの多様性で展示空間を満たしていく 



詳細はhttp://www.um.u-tokyo.ac.jp/architectonica/kyositsu.html

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会