FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
ネオバロック屋根の3点セット
煉瓦、スレート、銅板
煉瓦、スレート、銅板といえばネオバロック様式建築の屋根の3点セット。ここはどこでしょう。ヒントは窓のマークです。

札幌赤レンガ
重要文化財、北海道庁旧庁舎。2014.5月29日撮影。明治21年竣工。設計は北海道庁の技師平井晴二郎。明治42年に火災で内部は全焼、昭和42年に創建時の姿に復元され「赤れんが」と呼ばれています。


赤レンガどーむ
フランス積み250万個のれんがは地元、白石村と豊平村で焼かれ、天然スレートは宮城県雄勝町(現在の石巻市)の天然スレートを取り寄せて葺いたそうです。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会