FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
流舟 face 3
face 3 カッパー忍者

流舟 face 2

塔の庇を支える顔
塔の庇を支える顔。
鋳物やパネルの使用が多く、厳つい表現が多い。球体・円錐形の尖塔頂部は2ミリの銅板ヘラ絞り。

横浜開港記念館
横浜開港記念館。 

横浜開港50周年を記念して、横浜市民からの寄付により建設された。大正6(1917)年6月30日に竣工し、翌7 月1日に「開港記念横浜会館」として開館した。
現在の姿からは想像しがたいが、平成の復元工事まで、この建物は現在の屋根もドームもない陸屋根だった。大正12(1923)年の関東大震災によって、時計塔と壁体だけを残し、内部は焼失した。昭和2(1927)年に震災復旧工事が竣工したが、屋根ドーム群は復元されなかった。
昭和60(1985)年に、創建時の設計図が発見されたのを契機に「ドーム復元調査委員会(委員長:村松貞次郎東京大学名誉教授)」の提 言を受け、昭和63年度にドームの復元工事に着手し、平成元年6月16日に、大正時代そのままの姿に復元された。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会