FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*太田国交大臣が記者会見で、労務単価、人材確保に言及
2014年1月31日(金) 8:42 ~ 8:48閣議室前にて
太田昭宏 大臣による記者会見要旨


20131224-4.jpg
静岡市浅間神社、銅瓦葺の楼門と絵馬(写真は記事とは関係がありません)


前日(1月30日)発表された労務単価の大幅引き上げについて、記者から、「これによって期待される効果」について質問があった。
太田昭宏大臣の回答は以下の通り
 昨年の4月に16年ぶりでしたが全国平均で15パーセント、被災三県で21パーセントの引き上げを行いました。
その後も技能労働者の賃金動向をずっときめ細かく調査をして参りましたが、労務単価と実際の賃金に乖離が生じていたことから、2月1日から全国平均で7.1パーセント、被災3県で8.4パーセントの引き上げを行っていくことといたしました。
特に労務単価の改訂をすることによって、技能労働者の賃金にこれが適切に反映されて処遇の改善につなげていくということになることが一番大事だと思っております。
それがひいては建設労働者の担い手確保ということにつながっていくと思います。
昨日も高木副大臣から、その場にいました建設関係の方々にこの事を再度徹底をした訳ですが、さらに建設団体や公共・民間発注者に対しても文書で適切な賃金の支払いを要請するということにしています。
これで技能労働者、特に不足している部門がありますから、賃金水準や処遇の実態というものが改善されていくということがあれば、入札にも影響がありますし、長期的に働く人がこの業界に入ってくるという人材を確保するということにもなっていくと思います。
適切に、時差がいつもありましたので、直ちに2月1日から反映するようにということを、再度徹底をしたいと思っています。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会