FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「施工と管理」 銅屋根クロニクル -9-
銅クロニクル第9回は「北野天満宮」

檜皮葺きの屋根と銅板のとても幸せな姿

ドウクロ北野DSC05899

昨年(2013年)2月から、銅屋根の美しさ、施工技術のすごさを紹介するために「銅屋根クロニクル」の連載が始まりました。媒体は(一社)日本金属屋根協会が発行する「施工と管理」と言う機関誌です。
今回は銅屋根の美しさもさりながら、銅板の棟包(むねつつみ)みや、樋(とい)などと桧皮葺きや金飾りと織りなす美しさを紹介しました。

---------------------
 * * *
銅屋根クロニクル9
「施工と管理」2013年12月号

檜皮葺きの屋根と銅板のとっても幸せな姿

見出し写真:軒先と棟の綺麗な組み合わせ

北野天満宮:北野天満宮は、現在、全国各地におよそ一万二千社とも言われる菅原道真を祀(まつ)った神社の総本社で、親しみを込めて「北野の天神さま」と、また地元では単に「天神さん」と呼ばれている。天満宮の縁起によれば、平安時代中期の天暦元年(947)、京都に住んでいた多治比文子や近江国(滋賀県)比良宮の神主神良種、北野朝日寺の僧最珍らが、この地に神殿を建て、菅公を祀ったのが始まりという。
その後、天徳3年(959)右大臣藤原師輔が北野社の大規模な社殿の造営、宝物の奉納を行った。


写真1 楼門
写真1 銅板葺きの楼門

20140107-4.jpg

写真2 手水(水香梅)。茅葺きを模した柔らかい銅板葺きには、天満宮唯一の瓦による棟包み。

写真3 本殿の複雑な屋根
写真3 権現造りの本殿


銅板屋根の楼門(写真1)をくぐると正面が国宝指定である桧皮葺きの本殿。右手には銅板屋根の手水・水香梅とチタン葺きの宝物殿そして銅板屋根の神楽殿、瓦葺きの社務所が並び、各種屋根葺き材を見ることができる。
社殿は当初から、朝廷及び将軍家がその造営修繕に当たってきた。国宝の指定を受ける現在の本殿は慶長十二年(1607)、秀吉の遺志により豊臣秀頼が造営したもの。



写真4 tanidoi 雨じまい的に最大の難所
写真4  雨仕舞上最大の難所

写真5 堰板
写真5 反対側の同じ部分。

北野天満宮の本殿は実は拝殿と繋がった構造になっており、それぞれの屋根に落ちる雨水を、間の樋が受ける。大量の雨水があふれるのを防ぐために、山型の巨大な堰(せき)板まで取り付けられている。(社)日本銅センター発行の「銅板葺屋根1996年」によると、1951年の調査時点で、この堰板は江戸中期の手打ち銅板であり、慶弔12年(1607年)再建以来のものと考えられた。しかし現状の板は近年取り替えられている。

写真6 軒樋、受け、蛇腹
写真6 樋の断面は銀杏型 

写真7 本殿色とりどり
写真7 瓦の棟では出せない美しさ

檜皮の色と棟包みの緑青、金箔の飾り金物、加えて紅葉と夕陽。「総面積約五百坪の雄大な桧皮葺屋根を戴く八棟造の本殿の威容は、造営当時そのままに絢爛豪華な桃山文化を今に伝えています」という北野天満宮社報の表現は誇張ではない。




銅屋根クロニクルバックナンバー

銅屋根クロニクルNo.1 「施工と管理 2013.2 「瓦を下ろした正倉院正倉(奈良)」
銅屋根クロニクルNo.2 「施工と管理 2013.4 「大阪城天守閣(大阪)」
銅屋根クロニクルNo.3 「施工と管理 2013.5 「築地本願寺(東京)」
銅屋根クロニクルNo.4 「施工と管理 2013.6 「中之島公会堂(大阪)」
銅屋根クロニクルNo.5 「施工と管理 2013.7.8合併号「日本聖ハリストス正教会教団復活大聖堂(ニコライ堂)(東京)」
銅屋根クロニクルNo.6 「施工と管理 2013.9 「横浜市開港記念会館」
  銅屋根クロニクルNo.7 「施工と管理 2013.10 「湯島聖堂(前)屋根 」
銅屋根クロニクルNo.8 「施工と管理 2013.11 「湯島聖堂(続)樋 」
銅屋根クロニクルNo.9 「施工と管理 2013.12 「北野天満宮(京都)」

RNの注目イベント・セミナー
環境心理生理のフロンティア 第1回シンポ
心理生理のフロンティアを語る「はじめの一歩をふみだそう」


(撮影:2014.1.3 八坂神社能舞台)写真はイメージです。記事とは関係がありません。


屋上緑化を環境生理・環境心理・環境行動学の視点で語るとどうなる?

主催:日本建築学会環境心理生理運営委員会心理生理のフロンティア小委員会
日時:2014年1月11日(土)
   13:00~17:00会場――キャンパスポート大阪(大阪駅前第2ビル4F)参加費(会員2,000円)
申込方法――  https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=679
申込問合せ――日本建築学会事務局研究事業グループTEL:03-3456-2051E-ail:enomoto@aij.or.jp

プログラム(予定)
13:00受付開始
13:15-13:20 趣旨説明
13:20-14:05「眼球内の散乱特性を利用した実空間における視認性予測に関する研究」池上陽子(奈良女子大学)
14:05-14:50「室内の温熱環境変化に伴う生理心理特性に関する研究」
       安岡絢子(電力中央研究所)
15:00-15:45「景観評価実験による今後の中国における屋上緑化形態の有り方の検討」
       烏雲巴根/Wuyunbagen(国立華僑大学)

15:45-16:55 討論



環境心理生理運営委員会に関しては
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2013/20130111_k.pdf
心理生理のフロンティア小委員会によると

本シンポジウムでは、近年博士論文を執筆された気鋭の研究者を招き、特に研究手法として工夫した点、苦労したところに焦点を当て、その成果を語っていただきます。
どのような問題意識でとらえたのか、そしてその研究の特徴は何か、成果はどういう応用が考えられるのか、今から思うとこんな反省点があったなど、事例から学ぶことは多いことでしょう。そこから、我々は研究推進のブレークスルーの手掛かりを探り、また、触発されるなにかがあるのではないかと考えています。環境デザインのハテナを解き明かす!
経験豊富な研究者であっても、研究の方針に行き詰ることもあります。若手研究者や学生であればなおのことです。発表者の方々の論文作成までの裏話を交えた話は興味深いものです。環境デザインと心理生理に関わる、新たな研究を計画中の方にとって役立つことが
もしかするとあるかもしれません。皆様も是非議論に参加し、今後の研究の方向性のヒントを得ていただければと思います。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会