FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2014年(平成26年)ルーフネットの「能舞台と翁神事情報」2
滋賀県坂本市 日吉大社

日吉大社 本殿P1010083
国宝日吉大社西本宮本殿前のかがり火

2014年1月1日 午前5時20分から
滋賀県大津市坂本 日吉大社 西本宮拝殿
大戸開(おおとびらき)神事で観世流京都片山家一門の棟梁・片山九郎衛門が「翁」を奉納。
面(おもて):なし  囃子(はやし):なし 三番叟(さんばそう):なし 

          

西本宮拝殿 
国宝の本殿は檜皮葺(ひわだぶ)きに銅の棟(むね)、翁を奉納するこの拝殿は重文・檜皮葺きの屋根に瓦の棟押さえ。

西本宮本殿 P1010209
全国でも日吉大社にのみみられる特殊な構造である「日吉造り」。日吉大社西本宮の本殿。
天正十四年(1586年)復興。昭和36年(1961年)国宝指定。


日吉P1010032
午前5時、宮司による本殿の大戸開き、祝詞(のりと)のあと5時20分頃、片山九郎衛門による翁が奉納された。直面(ひためん)。地謡(じうたい)3名。

国宝。西本宮本殿の桧皮葺屋根の銅板棟包み、 元旦夜明け前かかがり火に 本殿棟の金画輝くP1010204
元旦の午前5時は真っ暗だ。明かりは2基のかがり火のみ。国宝・西本宮(にしほんぐう)本殿の銅の棟包みに施された金の装飾が輝く。


日吉P1010042
宮司によって開けられた本殿の扉は翁が終わると閉じられる。かがり火の向こうが本殿。


日吉 東本宮へP1010072
西本宮本殿の扉が閉まると、神職と装束をつけた奉仕者たちは松明(たいまつ)に先導されて、真っ暗な急階段の山道を十分ほど歩く。実に危険な道中だ。やがて東本宮の楼門(ろうもん)をくぐり、国宝指定の東本宮本殿に着く。九郎右衛門師は今度は拝殿で「高砂」を奉納する。再び松明に先導されて、控えの建物に着いた頃、やっと空が白み始める。この年は元旦にしては異例の暖かさだという。それでも身体は芯から冷える。

東本宮拝殿と本殿P1010228

東本宮の重文・拝殿(手前)と国宝・本殿(奥)。
西本宮と同じく、いずれも屋根は檜皮葺きで、本殿は銅棟、拝殿は瓦棟。

写真提供:日本防水の歴史研究会、檜原響一郎

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

あけまして おめでとうございます 
屋根と防水を遊ぶ 

ルーフネットより新年のお慶びを申し上げます

屋根と防水を遊ぶ ルーフネット PC270001

ルーフネットの取材に協力して下さった方々、ご支援くださった方々に感謝いたします

田中享ニ先生は東工大退官の際「雨を読む」という素敵な本を出されました」私には屋根を読む力はないので、屋根を愛で、屋根を愛で愛する人たちの仕事ぶりや、仕事に対する思いを伝えようと思いました。雨仕舞、防水の観点から屋根を見、歴史やアートの世界とのつながりを、探し始めたのですが、次々と現れてきました。屋根をダシにして美術、音楽、考古学、歴史で遊べます。「屋根で遊ぶ」というより「屋根を遊ぶ」と感じました。
今年もよろしくお願いいたします。