FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
日中韓協力の意義
日本の実情に合う国際規格制定に力
日本シーリング材工業会 杉山氏が防水シンポで発言





杉山さん

シンポジウムで発言する杉山氏
「欧米中心ではグローバルとは言えない。アジアの実情を反映してこそ真のグローバルであり、日中韓3国の防水業界が協力して発言力を高め、使えるISOを作ろう。そのためにこの日中韓防水シンポによる信頼・協力関係は心強い」。
早稲田大学で行われた第4回 日中韓 防水シンポジウム の初日前半、各国の状況報告を終えた後のディスカッションで、中国からの質問に応えて、日本シーリング材工業会 杉山氏が、このように答えた。

第4回 日中韓 防水シンポジウム が開催された。早稲田大学輿石直幸教授の開会挨拶の後、午前中に日中韓各国の防水事情が報告された。午後から翌日正午まで22件の研究論文発表が行われ、初日の18時30分より、新宿区戸塚町のリーガロイヤルホテルで開催された懇親会には多くの参加者が集まった。
初日午前中の「防水品質確保のための活動」に関して各国の発表テーマはつぎのとおり。
1. 日本におけるメンブレン防水材料規格および標準仕様制定・改定の経緯
»中澤 裕二
2. 建築用シーリング材の国際規格推進のための取り組み
»杉山 重樹
3. 日本における防水施工技術面での活動:教本「防水施工法」の活用
»野口 修・千葉 清
4. 中国におけるメンブレン防水工事の品質制御および問題点
»張 文華
5. 中国における建築用シーリング材の生産及び応用の現状
»朱 徳明
6. 韓国の環境適応型メンブレン防水適正工法選定のための品質評価方法案
»呉 祥根
7. 韓国におけるシーリング防水技術の現状と今後の展望
»宮内 博之

7件の報告の後、司会の呉 祥根氏が「午前中3国の実情が報告された、これらを踏まえて今後の課題、協力の方向性などに関し話し合いたい」呼びかけた。これに応えて中国の楊 楊教授が「シーリングに関して、ISOでの日本の活躍の様子が杉山さんの話で分かった。中国、韓国も参画はしているが不十分な事は分かっている。今後どんな役割を果たすべきか、具体的な意見があれば 是非言って欲しい。先程中国の状況は朱 徳明が発表した。彼が、その意見を中国に持ち帰り伝え、貢献して行きたい」と述べた。

杉山氏のはなし。
「日本の場合 JISのISO化が避けれられない状況であったため、国際会議に参加せざを得なかったというのが実情。出てみて分かったのは、欧米中心の規格であること。彼らの感覚では、例えば「湿度が高いときは、温度が低いとき」。我々東アジアでは、湿度が高いということは温度も高い。温度も湿度も高いというのはシーリング材にとっては過酷な使用条件である。今アジアで積極的に参加しているのは日本だけ。中国はドイツ、イギリスの後を受けて3年前から事務局を引き受けてくれるようになった。韓国もPメンバーである。規格を欧米中心ではなく、グローバルな方向にして行くには、アジア特に高温多湿で苦しんでいる国の意見は重要だ。それぞれの国の知見を盛り込んでゆくには、日本だけでは発言力が足りない。韓国中国が、それぞれ自分たちの経験を元に、 自分達は今、こんなところで苦しんでいる、と伝え、、こういう規格が欲しい、こういう事を考えないといけないよ、ということを一緒に情報発信してくれると、大変心強い。
東アジアの仲間として、高温多湿の環境下でシーリング防水に苦しんでいる立場からISOを本当にグローバルにして、我々が「使える」物にしていきたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

(174 yomimono)施工と管理 銅屋根クロニクル8
銅屋根クロニクル第8回は「聖堂の楷書の樋」

黒と緑青に夏の緑が映える

写真5の代わり  


銅屋根の美しさ、施工技術のすごさを紹介するために「銅屋根クロニクル」という記事を連載させていただいています。媒体は(一社)日本金属屋根協会が発行する機関誌「施工と管理」です。前月10月号では、湯島聖堂の漆黒の壁と緑青の銅屋根のコントラストの美しさを、11月号では屋根に劣らず魅力的な樋を取り上げました。端正かつ力強い聖堂の樋です。

銅屋根クロニクル 8 
「施工と管理」2013年11月号
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
銅屋根クロニクル 8   湯島聖堂(東京)後編
湯島聖堂の楷書の樋~漆黒の壁面を貫く緑青の縦ライン~
1写真


寛政11年(1799年)、老中松平定信の寛政の改革で、朱子学は官学となり、その象徴である湯島聖堂も重視された。拡張改築が進み聖堂は開設以来最大規模となった。同時に建物全体が黒漆塗となる。
元禄時代の朱塗りがなぜ黒になったのか。その理由として、寛政の改革の引き締め、火を連想させる赤を避けた、隣接する神田明神との明確な区別、さらには徳川家の重要施設を表す黒にした、など諸説があるものの、どれも決め手に欠けるようだ。

写真2
湯島聖堂は黒と緑青の世界。 屋根の上の鬼犾頭(きぎんとう)と鬼龍子(きりゅうし)などの聖獣動物園は関東大震災で罹災し焼け落ちた。

写真3 手前が入徳門  P2190109

写真3 入徳門P2190214 (2)
この時、唯一焼失を免れたのが入徳門。伊東忠太の設計によりRC、銅屋根で湯島聖堂は再建された。焼け残った木造の入徳門に先月10月、黒漆が施された。光沢のある黒を銅の緑青が引き立てる「聖堂内で唯一の木造建造物だ。この門には、他のコンクリート建造物に塗られたエナメルではなく、寛政11年(1799年)と同様に黒漆が塗られている。

写真5-3 ほとんど構造体の様相を呈している
「孔子樋」「聖堂樋」と名付けたくなるほどの一体感。楷書感のあふれる聖堂になじみます。

写真4 これに変更
伊東は同じ時期に築地本願寺を手掛けている。築地本願寺でも樋は存在感を持ちつつ建物のデザインに溶け込んでいた。ここ聖堂ではより頑丈な樋が取り付けられ、軒樋には落ち葉除けの蓋までついている。「こんなところ誰も掃除できないでしょう。大雨の時は溢れたっていいわけだから」という伊東の配慮だ。

追加

どんな雪でも壊れなかったこの樋、「ぶら下がっても平気」そうな産業機械を思わせる頑丈な取り付けも金属フェチをうならせる。
20131202-10.jpg

スリムライン
20131202-11.jpg

リズミカルな縦線
20131202-12.jpg

楷書のような樋

写真10-2

写真10 

縦樋に詰まったごみや葉っぱを掃除しやすいように設けた点検口。
単なる妖怪好きではありません。伊東忠太の建築家としての優しさが感じられる縦樋の点検口。メンテナンスを専門業者がするのか、建物の使用者が行うのか、それを考慮してこうした細部に気を配ったという。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会