FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
9/2発生した埼玉県竜巻の被害報告
越谷など593棟の被害を分析
屋根葺き材など大きく破壊

竜巻 中身
屋根葺き材などの破壊状況が詳しく報告されている。

平成25年9月2日の竜巻で、埼玉県越谷市等で、大きな被害が発生した。
国総研(国土技術政策総合研究所)と建研(独立行政法人建築研究所)が建築物の被害の概要をまとめ、(一社)日本金属屋根協会の「施工と管理」12月号P2~8に報告している。

上の写真はS造2階建ての学校関連施設で、竣工は昭和49年。主な被害は鋼板製の屋根葺き材及び母屋の破壊。屋根部分の立ち上がり壁の仕上げおよび換気扇フードの脱落、窓ガラスの損傷脱落、シャッターの面外変形、こう配天井の脱落、モルタル外壁の脱落が確認されている。ガラス窓は全面的に破損しており、施設の内部にいた職員複数が飛散したガラスで負傷した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会