FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
JWMA(日本防水材料連合会) 2013上半期施工実績集計
2013年上半期(1~6月)防水施工面積は2,900万平方メートル

茅葺き屋根のつららoouchijyuku
茅葺き屋根のつらら。(撮影森田喜晴 2013.11.17福島)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ARK: 6,155,000㎡(前年同期比92.5%)
KRK: 8,626,000㎡(同 96.2)
TRK: 2,306,000㎡(100.7)
FBK: 2,615,000㎡(102.1)
NUK: 8,430,000㎡(98.3)
合計 :28,132,000㎡(96.8)



一社・日本防水材料連合会(略称JWMA)はこのほど、傘下の工法別団体の集荷量を取りまとめた。これによると、2013年上半期(1~6月)防水施工面積は28,132,000、㎡。工法別には上記のようになった。各団体は、それぞれの結果を次のように分析している。

ARK: アスファルトルーフィング工業会
   新築物件が若干減少傾向にあったため、前年実績をやや下回った。

KRK:合成高分子ルーフィング工業会
 上期は多くのシート防水メーカーが苦戦したが後半は物件が多く、各社とも通年では前年比増を予測。

TRK:トーチ工法ルーフィング工業会
   かなりの増加を見込んでいたが、改修工事着工のズレ、などの要因で、前年同期とほほ同じ結果になっ   た。下期は上期物件で工期がズレタものと、官民ともに改修工事が出てくるので、通年では増加すると   みている。


FBK:FRP防水材工業会
   消費増税前の駆け込み需要もあり、新規住宅着工件数が、上期としては5年ぶりの高水準記録した。合わ   せて改修市場も依然活発なことから、昨年を上回った。

NUK:日本ウレタン建材工業会
   過去最高の前年には及ばなかった。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会