FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
第40回 水コンペ 表彰式 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホールで
「水の家」 一等100万円は大阪大学の永井・山本組に
1等プレゼンDSC05744
1等の永井仙太郎さんと山本葵さん。いずれも大阪大学大学院。 自作(右端パネル)の前で審査員に作品解説。

総合防水メーカー・日新工業()が主催する日新工業建築設計競技会・通称「水コンペ」の表彰式が、11月14日、東京・六本木の「(財)国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール」で開催された。
40回目となった今年の水コンペのテーマは六鹿正治委員長を除き審査員を一新、テーマも原点回帰の「水の家」。10月1日の締め切り時に登録件数は1475件、最終的に作品応募は477点となった。この中から1等、2等、3等、佳作の合計11点を選んだ。
11時から行われた表彰式では主催者の日新工業・相臺公豊社長の挨拶の後、六鹿委員長より入賞者一人一人に賞状と賞金が手渡された。
水コンペ集合DSC05670
パーティーの前に審査員との記念撮影。
前列左から、馬場璋造(コーディネーター)、長谷川豪(メンドリジオ建築アカデミー客員教授、長谷川豪建築設計事務所代表)、 北山 恒(横浜国立大学大学院Y-GSA教授、architecture WORKSHOP主宰)、六鹿正治審査委員長(日本設計代表取締役社長)、 山梨知彦(日建設計執行役員設計部門代表)、 乾久美子(東京藝術大学准教授、乾久美子建築設計事務所主宰)、橋元 純(新建築)、相臺公豊(日新工業) (敬称略)

1等講評DSC05756
パーティー半ば、恒例の審査員による率直な講評と問答。まずそれぞれの作品の意図を本人が説明する。その後、コンペで求められるものは何か、その作品がなぜ佳作で1等ではないのか、どこが魅力的で、何が足りないのか、時に容赦なく時に優しく、審査時の様子を交えて審査員が順次講評する。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会