FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
yan e 日記
伊東忠太博士の屋根の飛散防止対策
大棟に咬みつく「きぎんとう」 右PA090660
大棟に咬みつく鬼

屋根の棟の両端には鬼(鬼瓦)が据えられ外をにらみ、魔物と火を防ぐ。湯島聖堂の事務棟の屋根では鬼に当たる「きぎんとう」が大棟をしっかりくわえて、屋根の飛散を防いでいるようだ。

絵日記:飛散防止用棟飾りPA090623
年々台風が大型化し竜巻も頻発しているので、これから、日本ではこんな棟飾りがはやりそうです。ハリケーンの通り道の国に向けて、銅製の「きぎんとう」の輸出が好調であるという、データはまだ確認されていません。

きぎんとう、きりゅうし、伊東忠太の鬼に関しては(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」10月号の連載「銅屋根クロニクル7」または「ルーフネット170号(最新号)をご覧ください。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会