FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
24年度売上100億円超え。
25年度関東防水管理事業協組総会

引田理事長挨拶
通常総会で挨拶する引田孝(ひけた たかし)理事長

関東防水管理事業協組(略称・関防協)は」9月25日、東京・虎ノ門のホテルオークラ東京で、平成25年度通常総会を開催した。
24年度の同協組は、「環境改修」を進化させ、防水層の長寿命化を組み合わせた「サーモコントロール断熱改修」による付加価値提案活動の推進により、契約工事高100億円を突破、対前年114.1%、の106億8,600万円、施工面積では257万㎡となった。
来年度の事業としては、
①ビュートップ工法(塩ビシート防水)PR上差別化ツールの作成
②「サーモコントロール断熱改修」の一層の啓蒙・普及
③GREEN PROJECTの寄付対象の拡大
④独自性の高い「ガムクール工法」技能学校の同協組単独開催による技能レベル向上など~を決定した。
今期の契約工事高は、対前年比105.7%の113億円、施工面積で270万㎡を目指す。また中期目標として3年後の創立30周年時において、工事契約高130億円、施工面積300万㎡を目指す。

田島社長
メーカーの田島ルーフィング・田島国雄社長が挨拶。 「当社は2019年に創立100周年を迎える。災害のたびに防水の重要性が注目される、皆さんと一体となって日本を守って行きたい」


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」第164号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会






雨の銅鳥居
雨は石を百倍美人にするが銅の屋根もどうしてどうして
鳥居雨のR2131718
艶めかしい。 銅製の鳥居
艶めかしい鳥居R2131720
の足元も。
R2131706.jpg
銅鳥居。港区有形文化財。文政4年(1821年)に奉納された明神型鳥居

雨の金毘羅大権現
東京・虎ノ門 金毘羅宮 昭和26年(1951)拝殿と幣殿が再建された。総檜、銅板葺き権現造り。伊東忠太設計校閲。 2013.9.25撮影。 2001年、東京都選定歴史的建造物指定 

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」第161号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会