FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
明日は満月  RN164号の読み物は「聖書と防水」のおさらい
最近の読者のためのおさらいです。
聖書と防水

ノアの方舟。聖書と防水ギャラリー
ミケランジェロ「ノアの洪水」ヴァチカン・システィナ礼拝堂のフレスコ画。
3テーマとも多くの有名無名多くの画家たちによって描かれている。これはミケランジェロの画。40日間降り続いた雨は、すべてを滅ぼすわけだが、これは途中経過ですね。


世界最大のベストセラー「聖書」には瀝青(アスファルト)に関する記述が4か所あります。そのうちの3か所は「防水」機能を持つものとして書かれています。いいかえれば「聖書には防水に関する記述が3か所あります)ということです。

それは①ノアの方舟、②バベルの塔、③モーセをナイルに浮かべた籠。いずれも旧約聖書の「創世記」と「出エジプト記」。聖書(キリスト教)は世界各国で発行され、さまざまな版、訳があります。ここで防水の該当部分は日本語では「瀝青」「アスファルト」「タール」「ピッチ」「ヤニ」「樹脂」などと訳されています。旧約聖書はユダヤの聖典ですから、ヘブライ語版を見てみましょう。1990年8月10日初版発行ミルトス・ヘブライ文化研究所編のヘブライ語対訳聖書ではこう表記されています。


--------------------------------------------------------------------------------
ノアauto_phq8gv

1.神は40日間の嵐によるノア洪水で、世界を水に沈めた。その時ノアが神に命じられて、方舟の内外側に塗ったのは「コフェル」でこの本では「タール」と訳されている。
創世記 6-1

1-1.jpg

ヴァ「コフェル」=「タール」で

バベルauto_g17XSf

2.さあ天まで届く塔をつくろう、と言って人々は、石の代わりにレンガを用い、接着と防水の為に、しっくいの代わりに「ヘマル」を使った。これは「瀝青」と訳されている。
創世記 11-3
ばべる2-1

ヴァ「ヘマル」=「アスファルト」で




モーセ20100620221047f6a

3.エジプト王によるユダヤの赤ん坊抹殺命令からモーセを守るため、モーセは籠に入れられ、ナイル川に流された。その時、籠(カゴ)の防水の為に「ヘマル」と「ザフェト」が塗られた。この本ではそれぞれ「アスファルト」と「ピッチ」と訳されている。
出エジプト記 11-3
もーせ20101001121047a94

ヴァ「ヘマル」=「アスファルト」で
ウヴァ「ザフェト」=と「ピッチ」で


--------------------------------------------------------------------------------

同書の重要な脚注 :モーセの入れられた「籠(カゴ)」とノアの巨大な「方舟」は同じ言葉が用いられている。

ルーフネット編集長の注 :「コフェル」と「ヘマル」と「ザフェト」は別の物か?ヘブライ語の他の版ではどうか?旧約聖書だからと言ってヘブライ語版を基準にして良いのか?日本語版でノアの方舟に塗られたものとして、「瀝青」「アスファルト」「タール」「ピッチ」「ヤニ」「樹脂」などがある。これらは聖書の訳の中だけでなく、日常的に混同して使用されている。
これらの点に関しては中島ルカ先生から回答をいただいています。1月ほどお待ちください。

こちらをご覧ください。
http://www.roof-net.jp/index.php?%E3%80%8C%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%A8%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%80%8D%EF%BC%93%E9%83%A8%E4%BD%9C