FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
釜石・漁師のみんなの家のルーフィング
猛スピードで日本列島を縦断した台風18号。
超大型台風は、日本各地で観測史上初という降水記録を塗り替えながら、釜石漁師の「みんなの家」に近づいていた。

大型台風18号上陸に備え、なんとか防水用のルーフィングを貼り終えた。RIMG0026
上陸の朝、バーレーンの小屋の屋根になんとか防水用のルーフィングを貼り終えた。(撮影・ルーフネット森田喜晴)

釜石漁師の「みんなの家」は
東日本大震災で壊滅した岩手県釜石市の漁業支援、交流人口拡大を目的につくられるツーリズム拠点。プロジェクトは、伊東豊雄建築設計事務所+アトリエ・天工人+Ma設計事務所が設計・監理を行い、釜石の漁業関係者によって運営される。都市に生活する人たちが訪れ、体験と交流を通じて、漁業とコミュニティを学び、釜石が第2の実家(ふるさと)のような場所になることを目指す。9月28日(土)に予定されてい竣工式に向けて、プロジェクトメンバー、地元関係者、ボランティアによって急ピッチで建設が進んでいる。

小屋翌日R2131634
台風の翌日、6時10分撮影。屋根の杉皮は持ちこたえた。

手前はバーレーンから運ばれた漁師小屋。バーレーンはこの小屋を含む展示で2010年ベネチアビエンナーレにて金獅子賞を授賞した。
右手奥が日本の精巧な技術と素材を使った新しい「みんなの家」で,二棟で一つの漁師の「みんなの家」となっている。

プロジェクトを担当する伊東豊雄建築設計事務所 高池葉子さんはフェイスブックの中で、漁師の「みんなの家」とは何のためのもの,誰のためのものかを、こう説明している。

大きくは以下4つのコンセプトでできています。
1. 発信: ここから釜石の魅力を発信し,釜石の漁業発展のキーステーションにしたい。
2. 体験: 「漁師のまちツアー」の発着点とし,都市から釜石へ人を呼んでくる。
3. 教育: かっこいい漁師の仕事を伝えて,漁師ファンを増やす。
4. 物販: 日常的には朝市や魚の販売を行う。


釜石漁師のみんなの家
釜石市新浜町2-32-1新浜町仮設水産組合施設内
電話番号 080-1653-6799
https://www.facebook.com/kamaishiryoushi



kamaishi 水切りP9160137
写真上はルーフィングの端末をそろえ、水切りをつけようとしている長期ボランティアの児玉嵩史くん。

風が強まり、作業はあと1時間は到底できそうにない。猶予は10分かもしれない。ルーフィングの上に水切りを置けば風であおられるのは防げるだろう。しかしそうすると、水はその下にもぐってしまう。土砂降りの中で、あれこれ、試し、結局水切りの上にルーフィングを置き、ワッシャーを入れながら、できるだけ細かいピッチで止めることにした。残り3分のロスタイムはルーフィングが飛ばないようタッカーでさらに固定した。状況に応じた工夫と判断、これが現場の面白さだろ。



屋根葺き材として、幅25cmの大きさを1枚として、合計2000枚の杉皮が必要だった。足りなくなった杉皮の補充のため、竣工直前で、杉皮葺は一旦中断している。屋根関係者が参加できるラストチャンスですよ。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」第163号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会