FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
全アロン防水組合平成25年8月23日通常総会
販売実績前年比100%。



東亜合成㈱(橋本太社長)が製造するアクリルゴム系塗膜防水材「アロンコート」「アロンウオール」などの責任施工団体である全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協組は8月23日、大阪市のホテルニューオータニ大阪で第32期通常総会を開催した。

32期の概況として、「消費増税前の駆け込み需要が一部見られるもの受注競争の激化、契約単価の下げ止まりにより、先行きの不透明感は当面続く」との認識のもと、販売実績が、当初の目標に対して75%、対前年比100%の結果になったことを報告した。
また来期の事業計画として、①メーカーとの緊密なタイアップによる躯体保護、環境に配慮した製品・工法の開発。、②「調査診断・防水管理士会」の充実と強化などの実施を決定した。
また初めての試みとして、各支部毎の自主目標数値を積み上げて、来季の主材共同購買目標を1,977トンとした。

小川理事長

小川隆幸理事長挨拶
「日本の気候は我々が昔地理で習ったものではない、猛暑や豪雨など日本は亜熱帯地域であると思った方が良い。我々の業界もその時にあった施策が必要だ。昨年理事や管理士会のメンバーは大きく若返った、アロンは42年の実績を持つ製品であるが、これを新製品と考え、今という時期、今のユーザーにどうアピールしてゆくべきかを考えよう。」

総会終了後、受賞者への表彰状、組合功労者への感謝状贈呈、来賓の全国中小企業団体中央会・鮎川尚之氏、東亜合成・橋本社長が祝辞を述べた。

記念講演は琉球大学山田義智教授による「コンクリートの施工評価と設置環境評価への挑戦」。懇親会では来賓の本橋健司(芝浦工業大学)、湯浅昇(日本大学教授)、堀長生(大林組)氏ら来賓ともども和やかに歓談した。

ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」第160号は↓をクリック。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会