FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
武相荘の禅寺丸柿が色づき始めました
鶴川絵日記
ぶあいそうの禅寺丸色づくRIMG0040
武相荘の入り口から玄関の門に覆いかぶさるように伸びた禅寺丸柿の古木。禅寺丸は日本の甘柿の原種といわれている。少し色づき始め,酷暑の中にも秋の気配。
この武相荘の茅葺屋根を葺き替えたのが京都美山の職人中野さん。

 武相荘がオープンしたのは2001年。同年2月にはその母屋の茅葺屋根の葺き替えが終わりました。屋根裏の一番下の部分は、白洲たちが越してきた60年前の葦や藁縄がしっかり役目を果たしていたという。茅葺屋根の吹き替えの様子は、こちらから見ることができる。
 http://www.buaiso.com/yane.html

 工事を請け負った当時30台の京都美山の茅葺職人中野 誠(なかの まこと)さん、10代でミュージシャンを目指して日本を飛び出し、放浪の後、日本で修行したそうだ。 武相荘が設立した「白洲賞」の第一回受賞者でもある。
中野誠:1968年京都府美山町生まれ。農協職員を経て、1991年に美山町の萱葺職人の弟子になる。5年間の修行と1年間のお礼奉公の後、1997年に独立、有限会社「きたむら屋根工事」を設立。2007年4月「美山萱葺株式会社」設立、全国各地の社寺、民家等の萱葺屋根を手がけ、国や自治体指定の文化財の仕事も多い。
若い職人たち積極的にを育てている。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

絵日記
読者からの写真
期間限定 大文字グッズ
期間限定・大文字アンパンP8160412
大文字アンパン

期間限定大文字クリームパン
大文字クリームパン

進々堂の季節限定のパン。1個130円、結構大きくて、2個を2人で分け合って食べるくらいがいいそうです。
大きな盃の酒に大文字を映し、それを飲むと1年間無病息災といいます。「大文字を見ながら、このパンを食べると・・・・」という能書きはなかったそうです。
五山送り火の点火は20:00。東山如意岳の大文字から始まります。
*よくある質問 RC橋
日本で最初の鉄筋コンクリートの橋は


auto_CAVpdL.jpg
これです。琵琶湖疏水11号橋、(写真提供:日本防水の歴史研究会)

詳細はこちら↓

本邦最初鉄筋コンクリート橋
http://www.roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E6%9C%AC%E9%82%A6%E6%9C%80%E5%88%9D%E9%89%84%E7%AD%8B%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E6%A9%8B&word=11%E5%8F%B7%E6%A9%8B

さらにこんな記事があります。

日本最古のRC橋への疑問と発見
「もう1本ありまっせ!」と言う琵琶湖疏水記念館職員の声で「第10号橋」を再調査

nikki hatsu arc10

201008101305207b3_201308141530533e2.jpg
京都市山科区御陵(みささぎ)にある第10号橋・通称「黒岩橋(写真上2点)」こそ「日本最初の本格的な鉄筋コンクリート橋なのである」(琵琶湖疏水の100年)写真提供:日本防水の歴史研究会

日本最初の鉄筋コンクリート橋は、琵琶湖第一疏水、山科区日ノ岡にある第3トンネル東の第11号橋で、これは「国指定史跡」であり、多くの学術文献にも記載されている。本サイトでも紹介している。

日本初のRC橋は橋長7.2メートル、幅員1.5メートル。風情はあるが、「このしょぼい橋が日本初か!!107年間どんなメンテをしたのだろう?長期間の維持管理を考えれば、床版の防水は今や常識になっているが…」と橋の上に立って考えた。今回の取材に先だって、京都市水道局疏水事務所に、メンテナンスの記録を尋ねてみた。疏水の歴史に詳しい担当者が、「記録にある範囲ではない。詳細は蹴上の琵琶湖疏水記念館に資料があるから」と教えてくれた。8月8日、疏水記念館で加藤館長、藤木さんから両手で抱えても重い「琵琶湖疏水の100年」、その他の資料を見せていただいた。
s_sosui100nenn[1]

答えは3分冊になった重い資料の「叙述編」にあった。
要約すると、第11号橋は「国産セメントの試験用というべきもので実用性は乏しかった。ここからさらに東へ行った、翌明治37年に作られた黒岩橋こそ日本最初の本格的な鉄筋コンクリート橋なのである」と書かれている。この認識があるので、第11号橋は完成当初、話題にもならず、忘れ去られていたのだろう。それが昭和7年に「本邦最初鉄筋混凝土橋」の石碑が建てられたのは、疏水決壊事故がきっかけだった。

「日本初のRC橋」に関してはルーフネットのトップページのサイト内検索で「11号橋」で検索すると関連記事を見ることができます。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会