FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*建築学会防水シンポの歴史(シーリング中心に)
防水の技術的課題をディスカッション
2001年から田中運営委員長(当時)が開催
日シ工がテーマと検討内容をまとめた

防水シンポの歴史P1080774
防水に何が求められ、その課題に々取り組んできたか。建築学会防水シンポジウムのテーマで、その流れを大掴みできる。日本シーリング材工業会広報委員会の地道な情報収集と継続的な取材は、防水業界の歴史を記録する上で大きな役割を果たしている。

第1回防水シンポジウムが開催されたのは2001年7月。
「その重要性が指摘され、要求も高度化する防水。これに適切に対応するには、持てる情報の公開とお互いの切磋琢磨が不可欠である」として、当時、建築学会材料施工委員会防水工事運営委員長であった田中享ニ東京工業大学教授(当時)が企画した。

その第1回防水シンポジウム資料の前書きで、田中氏はこう述べている。
「一般の研究課題については多くの研究委員会が活躍しているが、その成果の公表については、適時、報告書などが発刊されているものの、関係者のみに限定され、一般への公表ができていないのが現実である。・・・


㈱安藤・間の山田人司氏は、機関誌&シーラント81号で1回から6回までのテーマと講演者を2ページにまとめたうえで、各回の概要を紹介している。。

&シーラント2013.6.5号

1ページ目

2ページ目P7230013


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会