FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
間もなく素屋根に覆われる門司港駅
門司港駅ホームより
門司港駅P6230157
門司港駅。ホームから旧駅舎の一部が見える。国重要文化財(1988年指定)。

門司港駅舎P6230437
門司港駅舎は現在保存工事中で、大部分が養生シートで覆われている。これ(左)は門司港の美しさに取り付かれ、1年の半分を関門橋や門司港の撮影に費やすという写真家T氏(次回紹介)の作品。

改修中の門司港駅P6230277
6月初めから始まった素屋根工事のため一部解体作業が始まった。盆明けには素屋根がかけられるため、タモリが「一番好きな好きな駅」という門司港駅の美しい銅版屋根は見えなくなってしまう。修理前の屋根が見られる貴重なチャンスだった。

ホムペはこちら





防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会