FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
防水下地のコンクリート水分は何で8%以下なの?
14年間独り歩きした「下地水分8%以下」
建築技術4月号「何でなのシリーズ」で湯浅昇教授が解き明かす

建築技術4月号


防水工事においては、下地コンクリートの含水率管理が重要である。コンクリートが濡れたままだと、防水層にふくれが生じるおそれがあるからである。日本大学湯浅研のコンクリート中の含水率評価技術は高く評価され、国内外に常に話題提供を行っている。
「防水施工時のコンクリートの含水率-防水工事の可否判断としてどうして「含水率8%」が広まったのか-」 日本大学生産工学部建築工学科 湯浅 昇教授が建築技術の4月号で解説している。

http://www.arch.cit.nihon-u.ac.jp/column/2013/04/03/000684.html

湯浅先生のプロフィールはこちら:
http://www.arch.cit.nihon-u.ac.jp/staff/yuasa-noboru.html


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の、世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。