FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
改修工事後の保全計画を標準化
「タイル張り仕上げ外壁の保全技術」-調査診断から改修工事後の保全技術まで-
 日本建築仕上学会が講習会


 日本建築仕上学会外壁保全技術の体系化委員会は、平成23~24年度に18社・団体の委託を受けてタイル張り仕上げ外壁の調査・診断方法、補修・改修工法、補修改修後の調査診断方法等の標準化に関する調査研究を行ってきた。その成果として、改修工事後の保全計画を標準化した改修工法を書籍「タイル張り仕上げ外壁の保全技術」-調査診断から改修工事後の保全技術まで- をこのほど発刊した。 A4判 150頁 オールカラー(写真)

tairubarishiageR2130381.jpg


 主   催:日本建築仕上学会 外壁保全技術の体系化委員会
 日   時:平成25年4月12日(金) 午後1:00~4:30(開場:12:45)
 場   所:建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)定員200名
 参 加 費:日本建築仕上学会会員 5,000円(テキスト代含)3,000円(テキスト持参)
       会員外 7,000円(テキスト代含)
 テキスト :「タイル張り仕上げ外壁の保全技術」
 申込み方法:1.FAX申込み (Fax:03-3798-4922)
        2.メール申込み(E-mail:shiage@finex.jp)
 問合せ先 :日本建築仕上学会 事務局 
        〒108-0014 東京都港区芝5-26-20 TEL:03-3798-4921




 プログラム
 13:00~13:10 挨拶
          講師 本橋 健司(芝浦工業大学)
 13:10~13:55 定期報告制度と外装仕上げ材の維持保全
          講師 池田 博文((一財)日本建築防災協会)
 14:00~14:45 タイル張り仕上げ外壁の劣化現象と対策の要否判定
          講師 佐藤 紀男(佐藤建築事務所)
 14:45~14:55 休憩
 14:55~15:40 改修工事の保全計画
          講師 本橋 健司(芝浦工業大学)
 15:45~16:30 タイル張り仕上げ外壁の複合改修工法
          講師 小川 晴果、三谷 一房(㈱大林組)

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の、世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。