FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
* 表面被覆材でコンクリートを守る。 
25年間の日英共同研究成果を紹介

コンクリの世界的権威R.N.スワミー博士(英・シェフィールド大学名誉教授)との共著発刊
谷川伸さん(東亜合成㈱シニアエキスパート・工博、)。

銅版屋根葺P2210389
【表面被覆材によるコンクリート構造物の長寿命化】
Surface Coating for Sustainable Protection and Rehabilitation of Concrete Structures



建築業界が直面しているコンクリートの耐久性維持に関する問題可決は 、世界共通の課題だ。
コンクリートの劣化は経年,荷重、養生、ひび割れおよび自然環境の変化との相互作用で生じている。共同研究の最終目標は、劣化因子である二酸化炭素、酸素、水、塩化物イオン等のコンクリート中への浸入を、表面被覆材によって防ぐことにより、構造物を長期にわたって経済的に維持することである。

研究者たちはアクリルゴム系被覆材を主体に、防水性、水蒸気透過性、呼吸性、コンクリートに対する付着性、遮塩性、中性化防止および長期に亘るコンクリートのひび割れ追従性などの機能を明らかにしながら、コンクリート構造物の長寿命化への課題に迫っている。

同書は、A4判268頁、税別 4,800円。濱田秀則(九州大学)、Jaw-Chang Laiw(台湾政府道路局)、大城武(琉球大学名誉教授)ら共同執筆者の研究を、外壁防水施工団体協議会(略称GSK)の会長も務める谷川氏がスワミー博士と共同で監修集大成したもの。
発売;工文社 http://www.ko-bunsha.com/

【目次】(*同書はすべて英文です。以下の目次は紹介のため翻訳表記したものです)

1. 巻頭言 「コンクリート・我々のエコロジカルな友」
2. 序文
3. 内容
 1章  表面被覆材に要求される性能
 2章  表面被覆材の性能比較
 3章  コンクリート中の鉄筋保護―塩水噴霧促進試験
 4章  塩分浸透と鉄筋腐食の防止
 5章  コンクリート構造物の長期に亘る保護と改修―実地試験結果―
 6章  表面被覆材による塩分浸透と鉄筋腐食の防止に関する実地試験
 7章  RCスラブ供試体を用いた塩分浸透と中性化進行に関する試験
 8章  アクリルゴム系塗膜による塩化物と中性化に対する保護効果
     ―RCスラブ供試体を用いた長期試験―
 9章  塩分浸透―コンクリート混和材と表面被覆材との比較―
 10章  アルカリ骨材反応(ASR)の制御 ―表面被覆材による制御-
 11章  アクリルゴム系塗膜によるASR膨張に対する一つの治療
 12章  持続荷重下でASRによる内部応力を受けているRC梁と柱に対する表面被覆材の
      ASR防止効果
 13章  海洋環境下におけるコンクリート中への塩化物イオンの浸入に関する解析評価
 14章  コンクリート中の鉄筋腐食のモニタリングに関する実地試験
 15章  劣化構造物を長寿命化するための全世界的な戦略
 16章  持続可能な建設のための総合マネジメント/デザイン戦略
4. 表面被覆材の実構造物への適用例とその効果の実証
5. 長寿命化に関する共同研究の歩みとその歴史的背景



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の、世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。