FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
夏の省エネ。防水で何ができるか。
明日27日から3日間
湯島聖堂 春
湯島聖堂の銅瓦屋根と梅(2013.2)。写真は記事とは関係がありません。

2013年2月27日(水)~3月1日(金)の3日間、東京ビックサイトでスマートエネルギーWeek2013が開催される。
スマートハウスの最新技術、HEMS,BEMS,省エネリフォーム、断熱技術、太陽エネルギー利用などエコ建築分野注目分野の総合展。

会場では 第3回エコハウス&エコビルディングEXPO2013、第1回 [国際]風力発電展 ~WIND EXPO 2013~第9回 [国際]水素・燃料電池展 ~FC EXPO 2013~ 第6回 [国際]太陽電池展 ~PV EXPO 2013~ 第4回 太陽光発電システム施工展 ~PV システム EXPO 2013~ 第4回 [国際]二次電池展 ~バッテリー ジャパン 2013~ 第4回 [量産][試作] 加工技術展 ~エネテック ジャパン 2013~ 第3回 [国際]スマートグリッド EXPOが同時に開催される。
https://www.r-expo.jp/mar2013/exhiSearch/FC/jp/exhibitor_list.php

防水分野では、エコハウス&エコビルディングEXPOで、田島ルーフィングが防水層、防水工法専用の断熱材、防火性能を併せ持った高反射塗料をシステム化した「サーモコントロール断熱」を、また日新工業が打ち水効果と断熱効果で建物を冷却する、保水パネル「アースキーパー」を発表。

太陽光発電システム施工展では、アーキヤマデ(EBベースレール工法 )、田島ルーフィング(乾式パネル設置基礎 PV-FIX ソーラーベース)、ロンシール工業(『太陽光パネル設置工法』と『シャネツ防水システム』)が軽量・工期短縮・防水性に優れた太陽光パネル固定システムなどを展示する。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会