FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
私が鮟鱇を作ったら、格好が悪いからと踏み潰されました。
え? 

アンコウを作る! 踏みつぶす?

日銀大阪支店 鮟鱇あんこう
日本銀行大阪支店の雨樋。 

アンコウを踏みつぶしたら随分気持ち悪かろう、と思うのだが、135号の読み物はそんなはなしから始まります。斉木さんが入社早々に作ったアンコウを、「こんなもの売り物になるか」と言って社長が踏みつぶしてしまいます。

本物のアンコウなら、ちょっと大変なことになってしまいますが、このアンコウは銅板で作ったアンコウです。といってもアンコウの形をしているわけではありません
軒樋の雨水を竪樋に導くための連結部分を呼び樋(よびどい)、通称・鮟鱇(あんこう)と呼びます。軒樋からの水を受けるために大きな口を開けています。その形から「あんこう」と言うそうです。

つきじ本願寺のとい P2120062
築地本願寺の鮟鱇



茅葺き・コケラ葺き・瓦葺きの大規模建築物に樋を付ける場合、そのデザイン処理は大変難しい。ほとんどが文字通り「とってつけた」様に美しい屋根となじまないものです。一方近代建築の銅板屋根と雨樋は同じ材料だけに良く馴染み、デザイナーが遊べる部位でもあります。



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の、世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。