FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
絵日記:大阪城天守閣の銅瓦
大阪城の銅瓦 葺き替え五万五千枚   ~本日大寒~ 
大阪城上空
大阪城  2013年1月20日は旧暦師走九日 月があと半サイクル巡ると立春です。今年の冬は11月4日から2月9日まで


大阪城
現在の大阪城天守閣は昭和6年(1931年)に再建された。鉄骨鉄筋コンクリート造5層8階建て。屋根は銅瓦葺き。施工「大林組」、豊臣時代に建てられた初代天守閣から数えると、三代目。


大阪城P1120119
その 復興天守閣も60数年の歳月を経て老朽化が進み、平成7年から9年(1995~1997)にかけて大規模な改修工事が行われた。平成7年の大改修で、銅瓦は1枚1枚外して掃除し、たたき伸ばし再施工された。葺き替えた銅瓦は55,000枚。9割は再使用された。(撮影すべて:2013.1.5 ルーフィングジャーナリスト佐藤孝一)


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の、世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。