FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
国宝 鳥獣戯画と防水
蛙と兎がアスファルトと石油を運ぶ?
鳥獣戯画
これは日本最古の漫画といわれる、国宝・鳥獣人物戯画、通称・鳥獣戯画の一部である。
京都栂ノ尾山高山寺を代表する宝物で、甲乙丙丁4巻からなる。甲巻は擬人化された動物を描き、乙巻は実在・空想上を合わせた動物図譜。丙巻は人間風俗画と動物戯画、丁巻は勝負事を中心に人物が描かれている。甲巻は全長11.5メートルで4巻中の白眉、動物たちの遊戯を躍動感あふれる筆致で描いている。甲乙巻が平安時代後期の作、丙丁巻は鎌倉時代の制作と考えられる。鳥羽僧正覚猷(かくゆう、1053~1140)の筆と伝えられれているるが、確証はない。天台僧の「をこ絵」(即興的な戯画)の伝統に連なるものであろうと考えられている。

でも鳥獣戯画の中で最も有名なのはこのシーンではなく、これだろう。
甲巻
実はこの鳥獣戯画が「防水・石油業界の起源」に関わる歴史画「燃土燃水献上図」の参考になっている。

冨水鳥獣戯画
これは東京・門前仲町の魚屋兼居酒屋「富水」の壁画である。設計者自ら筆を振るった。運んでいるのは原図と同じ酒と肴。蛙と兎が変わっているくらいだ。

戯画比較用献上図
これです。一昨年佐野市立吉澤記念美術館で、本邦初の一般公開展示された「燃土燃水献上図」。「アスファルトと石油を天智天皇に献上する」という日本書紀の記述を絵画化した、防水業界・石油業界の起源を表わした画です。同美術館の学芸員は図録の解説の中で「先行図像のないこの故事を描くにあたって、小堀鞆音は、故事都は時代が異なるが「鳥獣戯画」や「伴大納言絵巻」のような平安鎌倉期の絵巻を参照したようだ」と述べている。

献上図
小堀鞆音・こぼりともと「燃土燃水献上図」JX日鉱日石エネルギー所蔵。大正3年(1914年)


「越国」(現新潟県)で産出したアスファルト(燃土)と石油(燃水)を天智天皇に献上したという『日本書紀』の記述を絵画化。日本石油株式会社(当時)の依頼により制作、業界の歴史を語る絵として複製等を通して愛されてきましたが、その原本(本物)が今春発見されました。鞆音の画業としてはほとんど知られていなかった作品です。本展が初公開となります。
毎年7月1日新潟県胎内市、それを受けて7月7日滋賀県大津市の近江神宮で、この小堀靹音(ともと)の絵を摸したお祭りが斉行されています。(本邦初の一般公開に際して行われた記者会見でのプレスリリースより)




佐野出身 日本画家・小堀鞆音 没後80年業績振り返る

佐野市出身の日本画家小堀鞆音(ともと)(1864~1931年)の没後80年展が10月1日~11月13日、市立吉澤記念美術館(同市葛生東)と市郷土博物館(同市大橋町)の2会場で開かれる。新潟県で実際に行われている献上行列のモデルとなったものの、研究者に存在が知られていなかった「燃土燃水(ねんどねんすい)献上図」など、戦後初の公開作品を含む計50点を紹介する。 

小堀は農業の傍ら絵筆を執り、二十一歳で上京。時代考証に優れた画家川崎千虎の下で歴史画家としての修業を積んだ。内国勧業博覧会や日本美術協会で評価を高め、東京美術学校の教授を務めるなど、後進の育成にも尽力した。歴史画の第一人者と呼ばれるまでになり、一九一七年には当時の画家の最大の名誉とされる「帝室技芸員」に任命された。

展覧会は、美術館で「武」と「文」をテーマに代表作や戦後初の公開作品を、博物館では佐野市ゆかりの作品を中心に展示する。

美術館で展示される「燃土燃水献上図」は、飛鳥時代に越国(今の新潟県など)で産出したアスファルト(燃土)と石油(燃水)を天智天皇に献上したという「日本書紀」の記述を基に描いた作品。一四年に当時の日本石油(現・JX日鉱日石エネルギー)の依頼で制作された。

石油業界の歴史を物語る絵として親しまれ、八三年には、この絵を参考に新潟県の旧黒川村(今の胎内市)から産出したアスファルトと石油を、天智天皇を祭る近江神宮(大津市)へ奉納する献上行列が始まった。美術展への出展がなく、従来の小堀研究の中では抜け落ちていた作品だった。

期間中は両館で記念講演会なども開かれる。
問い合わせは吉澤記念美術館=電話0283(86)2008=へ。
(2011年9月19日東京新聞)



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。
鶴川絵日記:モズのはやにえ
2013.1.7 七草
こんなに寒くても梅は間もなく開花。百舌鳥はこのバッタのことを覚えているんだろうか。2013・1.7多摩の黒川で撮影。
こんなに寒くても梅は間もなく開花。百舌鳥はこのバッタのことを覚えているんだろうか。2013・1.7多摩の黒川で撮影。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。