FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*「樹脂接着剤注入施工」技能士1万人突破の軌跡
エポ注・樹脂工事技能士が26年間で1万人突破

突破の軌跡


コンクリート構造物のひびわれ、欠損、仕上げ材の浮き等、樹脂工事に携わる施工会社の団体である日本樹脂施工協同組合(野村透一理事長)は技能検定「樹脂接着剤注入施工」合格者の累計が1万人を超えたことを受け、11月14日、「樹脂接着剤注入施工技能検定合格者1万人突破記念祝賀会」を行うとともに、冊子「技能士1万人突破の軌跡」を関係者に配布した。
樹脂接着剤注入施工技能検定は、昭和60年度「エポキシ樹脂注入工事」の名称で実施された。その後平成15年度に現在の「樹脂接着剤注入施工」に改称、平成22年度の後期技能検定の合格者を含めると累計1万人を突破した。


樹脂協設立総会
昭和54年4月、現在の組合の前身である日本樹脂施工協会設立総会後の集合写真(同協組記念冊子より)


主にエポキシ樹脂を使用してコンクリート構造物の改補修を行う樹脂工事が始まったのは昭和30年代後半であった。また昭和42年に行われた広島原爆ドームの保存工事を契機として、社会的に認知され工事量が増える一方で、工事の問題も顕在化してきた。冊子ではこれ以後、技能検定実施から作業内容の修正、1万人突破までの経緯が完結にまとめられている。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。