FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
シーリング の性能設計でシンポ
建築学会が外壁接合部の目地設計案・性能評価試験案で意見交換

シーリングの性能設計でシンポ
簡単には壊せない建物。シーリング材は現行の一律10 年の耐用年数設定でいいのか。(新宿超高層ビル群。2012.11.10ルーフィングジャーナリスト・佐藤孝一撮影。写真は本文と直接の関係はありません)

「外壁接合部の目地防水における性能設計に向けて」
主催:一般社団法人 日本建築学会 材料施工委員会 防水工事運営委員会 シール材性能設計研究小委員会
日時:2012 年11 月22 日(木)13:30~17:30
会場:建築会館3 階会議室(東京都港区芝5-26-20)


フジタ 添田智美
さる10月25日、東シ協の講演会の席で、同シンポへの参加を呼び掛ける添田智美氏(フジタ)


1. 主旨説明 シール材性能設計研究小委員会 主査 山田人司(間組)
2. シーリング材の不具合と責任者の事例研究 田中享二(東京工業大学 名誉教授)
3. 目地防水における性能設計の考え方 添田智美(フジタ)ほか
4. シール材の性能評価試験方法の検討と提案
4.1 シーリング材の耐疲労性の評価方法 高橋敏文(コニシ)ほか
4.2 シーリング材の耐候性の評価方法 伊藤彰彦(オート化学工業)ほか
4.3 シーリング材の汚染防止性の評価方法 榎本教良(サンスター技研)ほか
4.4 シーリング材の接着性の評価方法 高橋明(横浜ゴム)ほか
4.5 ガスケットの気密性の評価方法 川端芳英(北星ゴム工業)ほか
5. まとめ 宮内博之(忠南大学)

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。
絵日記
秋は今日まで。
11月13日(旧暦長月三十日)。今年の秋は今日でおしまい。
本日は11月13日(旧暦長月三十日)。今年の秋は今日でおしまい

南太平洋協会の旧暦カレンダーによると、今年の秋は新暦の8月18日から11月13日まで。「残暑粧遅ざんしょしょうち」残暑厳しく、山の装い遅し」ということでした。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。