FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
オバマ圧勝
むべ 近江神宮に献納
11月7日(旧暦長月二十四日)は「立冬」
近江神宮では天智天皇の故事にちなんで「ムベ」が献納されます。

okujyouno むべ
昨日は寒かった。むべなるかな 今日は立冬

 1340年、天智天皇は、琵琶湖西岸・近江大津宮に遷都し、この都に即位した。大津宮に近江令の施行、戸籍の編纂、時刻制度の開始、国立学校の創設などの事業を展開した。明治以降、滋賀県下では天智天皇奉祀神社の創建運動が盛んになり、政府に請願書を幾度も提出した。昭和13年5月、昭和天皇の聴許により、近江神宮を創腱建設、社格を官幣大社に列せられた。昭和15年11月7日、御鎮座の祭儀が斎行された。 近江神宮では毎年この日を記念して御鎮座記念祭が執り行われる。祭典では、天智天皇の往時の故事に因んで、近江八幡の大嶋奥津嶋神社宮司より「むべ」が献納され、続いて創美流華道家元による「献華式」、清和四條流家元による「包丁式」が大前に執り行われる。




「むべなるかな」と言ったのは、我らが防水と石油の祖神・天智天皇。近江神宮に近い近江八幡市にある大島奥津神社の宮司は、毎年奥島山に自生するムベを、近江神宮と宮中に献上している。奥島神社のホームページには、献上復活の様子を報じた京都新聞の御記事を紹介している。

「むべ」を宮中に献上

近江八幡市、奥島山に自生の実
 滋賀県近江八幡市島町の奥島山に自生する実「むべ」を宮中に献上するため、同市北津田町の大嶋・奥津嶋神社の深井武臣宮司(61)らが27日、同市役所を訪れ、市関係者ら立ち会いの下で最後の準備をした。28日に関係者が宮中に届ける。
 むべは、アケビ科の一種で赤紫色に熟すと、実は甘く素朴な味が特徴という。伝承によると、約1300年前、天智天皇が奥島(現在の同市島町)に立ち寄り、老夫婦に長生きの秘けつを尋ねた。その際に老夫婦がこの実を差し出し、賞味した天皇が「むべなるかな(珍しいものよのう)」と言ったことからこの名が付いたとされ、不老長寿の実として伝わる。
 皇室への献上は1982(昭和57)年を最後に途絶えていたが、同神社の氏子や同市北津田町の町づくり推進委員会のメンバーらが昨年、20年ぶりに復活させた。
 この日は、深井宮司や氏子総代ら3人が、岡田三正・同市助役の立ち会いのもと、鶏卵よりやや大きいむべ15個を用意。特製の竹かごに入れた後、ヒノキの箱に納め、献上の準備を整えた。

京都新聞2003.10.27


ふんやの やすひで

mubeyamakazeo.jpg

小倉百人一首23番歌
吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風を嵐と言ふらむ          文屋康秀(ふんやの やすひで)


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。