FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
スカイツリーのシーリング
第22回東シ協技術講習会で、堀長生氏(大林組)が講演

東シ協 スカイツリー講演会会場

東日本シーリング工事業協組(苅谷純理事長)は、10月25日、東京・アルカディア市ヶ谷で第22回技術講習会開催した。
講師とテーマは次の通り(敬称略)
「東京スカイツリーの防水工事」堀長生(大林組技術研究所技術ソリューション部主席技師)
「日本建築学会におけるシーリング材の汚染防止性 評価方法の検討動向」添田智美(フジタ技術センター主任研 究員)
「日本シーリング材工業会50周年と青本専門書の改訂」飯島義仁(日本シーリング材工業会広報委員長)

hori nagao on the tree 2011.8.11
hori nagao on the tree 2011.8.11 。空樹495m地点で。



シーリングの述べ長さ
シーリングの長さは6万2000m。シーリング材は2成分型のシリコーン系。低温時の初期接着性能から脱アルコール型のシリコーンを選んだ。防水との取り合いがある部分は変成シリコーン系シーリング材。

通常、超高層建築では2重シールを採用する。内側にガスケット、外側を不定形のシール・いわゆるシーリング材を使うのが普通だが、ここではメンテを考慮して、逆になっており内側がシーリングだ。当日の講演は1時間。大林組が制作したDVDを見た後、約40分、シーリング・防水材の選定の経緯と工事の様子を堀氏が詳しく解説した。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。