FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
耐火・耐風、外壁の品質向上などへの取り組み報告
社団法人日本金属屋根協会 116回理事会 


金属屋根協会 理事会後の懇親会 会長
懇親会で挨拶する吉田伸彦会長

(社)日本金属屋根協会は10月26日、第116回理事会を開催し平成24年度事業の中間報告を行い、24年度事業として進行中の1.耐風性の研究、2.「金属屋根の施工と管理」の改定、3.新たな屋根30分耐火構造認定の取得と認定内容のなどの進捗状況を確認した。調査研究事業としては、今年度講習会で「スレート屋根改修のご提案」を配布し解説する予定。


2012年度 金属屋根講座を11月10日東京での講習会を皮切りに、大阪、福岡、仙台、札幌で、開催、「鋼板製外壁構法標準、外壁の耐衝撃性能の解説」を行う。
2012年度 金属屋根講座の案内は 以下で。
http://www.kinzoku-yane.or.jp/notice/index.html 

今年度の講習会では、『鋼板製外壁構法標準』(SSW20111)並びに外壁の耐衝撃性能について解説。計算ソフト『屋根を調べる』を利用した鋼板製外壁の強度計算の方法も説明する。受講者には『屋根を調べる」が配布される。





防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。