FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
ライト様式のテラコッタにも触れます
神奈川県庁本庁舎一般公開・横浜市役所市長室もオープン

キング

10月21日、国の有形文化財で、横浜3塔の「キング」として親しまれている神奈川県庁本庁舎と、村野藤吾設計による横浜市庁舎が、午前10時~午後4時まで一般公開された。

神奈川県庁舎は 昭和3年(1928)に建てられ、平成8年に国の有形文化財として登録。関東大震災で焼けた県庁本庁舎に代わる4代目で、知事が執務する現役の庁舎としては、大阪府庁本館に次いで全国で2番目に古いもの。 昭和初期に流行した「帝冠様式」建築の先駆けと言われる洋風建築で、「帝冠様式」建築の先駆けと言われている。またクイーンの塔:横浜税関本関庁舎、ジャックの塔:横浜開港記念会館と並んで 横浜三塔の一つ「キングの塔」と呼ばれている。


神奈川県本庁舎の入り口

屋上に保存されているライト様式のテラコッタ


公開されたのは 〔3階〕 ①知事室(扉の外からのみ公開)、②旧貴賓室(第3応接室)      ③旧議場(大会議場)  〔6階〕 ④本庁舎歴史展示室   ⑤屋上(横浜港を一望できる)
で、この後、各月第3日曜日(11月18日、12月16日、1月20日、2月17日、3月17日)に公開される予定。

また連携イベントとして、 開港100周年を記念して建築家・村野藤吾設計により建てられた横浜市役所の市長室も公開された。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。
鶴川絵日記: 「霜降」の朝、「武相荘」の森にかかった虹
本日(10月23日火曜日)は旧暦(長月九日)重陽の節句。そして「霜降」。
旧暦長月(九月)九日:重陽の節句そして「霜降」。
夜明けから強風と小雨。7時頃、一瞬の晴れ間をついて大きな虹がかかった。カメラを取り出す間に、どんどん薄くなる。かろうじて消える寸前に(M.ZUIKO D 14-150 / 4-5.6 OMD)で撮影。 高倍率の割に良く写る。虹の頂点真下より、少し左が「武相荘」の森。

お知らせ:上野の森美術館で、好評のため会期延長公開されている「ツタンカーメン展」のアスファルト作品の写真が届きました。間もなく紹介できます。お楽しみに。

霜降(そうこう) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%9C%E9%99%8D 
重陽(ちょうよう)の節句 http://iroha-japan.net/iroha/A03_goseku/05_choyo.html
上賀茂神社では、重陽神事(ちょうようじんじ)と烏相撲(からすずもう)が行われます。
http://www.kamigamojinja.jp/event/sep.html

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。