FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
伊勢神宮 正殿の茅葺き屋根
JR東日本のPR誌「ひととき」9月号で、千種清美氏が伊勢神宮の茅葺き屋根を紹介


伊勢神宮正殿屋根の茅葺
来年秋の式年遷宮に向けて正殿の屋根を茅で葺き始める「檐付祭(のきつけ)」が行われた。皇学館大学非常勤講師で、「伊勢学」を担当する千草清美(ちくさきよみ)さんが、その様子をJR東日本のPR誌「ひととき」9月号で、2ページにわたって紹介している。
(*以下茅は千種さんの用法に沿って「萱」とします。)
千種さんによると、萱は伊勢市と接する度会郡(わたらいぐん)度会町にある山口萱山の99ヘクタールの萱場から採取する。6人の萱工が朝8時半から4時半まで床板にすわり、ひたすら作業するそうだ。1束の重さは30キロ。

神宮式年造営庁技師の話として「萱は雨を吸収して、晴れると水分を蒸発させる。これを繰り返すので雨漏りがしない。大量の雨が降ると中まで滲みこむが、20年たっても、表面こそ傷んでいるが中はきれいなまま。」

isejinnguu.jpg

東京工業大学田中享二名誉教授がNHKで明らかにした、茅葺き屋根の防水システムも紹介したいですね。
http://www.roof-net.jp/index.php?%E3%80%8C%E8%8C%85%E8%91%BA%E3%81%8D%E5%B1%8B%E6%A0%B9%E3%81%AE%E9%9B%A8%E6%BC%8F%E3%82%8A%E3%80%8D%E5%86%8D%E6%94%BE%E9%80%81


ひととき

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。