FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
屋根が無いから、屋根のことを考える
 左官の匠・挟土秀平(はさど しゅうへい)が見せる土と緑の調和

かんつう
作品「然」

はさどう内側
平成24年9月29日(土)から10月28日(日)までの30日間、緑の風がふきぬける東京」をテーマに、第29回全国都市緑化フェアTOKYOが都内6箇所のメイン会場を中心に、開催されている。ガーデニングや壁面緑化が主で、特に目新しいものはないのだが、日比谷公園会場 で大和リースが出展した「都市を彩る生命(いのち)の風」の提案は 、新鮮だった。(撮影:ルーフィングジャーナリスト・佐藤孝一)

ハサド外観
緑のポットをまとったユニット緑化外壁で囲まれた家。といっても屋根がないから本当は家とは言えない。大きなケヤキを囲む壁には入口と開口部はあるが扉も窓もない。ほぼ2間四方の床部分に立って見上げると、壁は上に行くほどすぼまって欅の幹に寄り添おうとしている。隙間はタップリで雨は防げないから屋根とは言えないが、妙な安心感があって、屋根じゃないとも言い切れない。

木の陰はさど
見せ場は挟土によるこの内壁の仕上げだ。壁に手を触れて上を見上げ、「屋根って何だろう」と考えてしまう空間だ。 一番美しいのは、この壁に映る影かもしれない。

屋根がない理由が分かった、影
なるほど!この影のために屋根に大きな隙間がある。



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。